2020年07月10日

青木サッカー場を羨望する

page.jpg
  ” 青木サッカー場 (7月9日15時頃)”

 那須塩原市戸田の知人宅へ訪れた帰り道、「青木サッカー場」へ立ち寄ってみた。板室街道沿いにあるのだが、通る度に立ち寄ることも無く横目で通り過ぎていたが気になっていた。近くには、「道の駅明治の森」がある。このサッカー場の生い立ちは良く知らないが、地元知人の情報によると、実業団リーグ時代の「フジタ」がキャンプしていたという。サッカーファンなら知るところだが、現在の湘南ベルマーレの前身である。「浦和レッズ」も練習場として使用していたことがあるという。確かに、記録を見るとグランド上でユニフォームが踊っている姿がある。
 この青木サッカー場は、隣の那須塩原市だ。自然環境に恵まれて施設保全にも費用を投じていることが判る。那須町には、黒田原に総合グランドがあり野球・ソフトボール主体だがつつましやかな観客席がある程度のスタジアムである。藤和不動産の藤田氏がサッカーはこれから世界的なスポーツになるといい、那須ハイランド内に3面の芝生のグランドと24室のコテージを作り選手育成に取り組んだのは1968年のことだ。今は、その施設がどのようになっているのか判らないが、青木サッカー場を見ながら、気になりだした。
posted by はらっち at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 那須情報