2020年09月20日

孫からのプレゼント

DSC00723c.jpg
   ” 孫からのプレゼント(9月19日)”

 「ジジー、あげる〜」と紅葉のような孫の手からプレゼントを受け取る。プレゼントを受け取る立場になってしまった。嬉しいやら複雑な気持ちが交錯する。
 祝日法が改正されてから「敬老の日」が9月15日から第三月曜日に改訂されて久しい。そうか今年は20日か、と再認識する。敬老の祝いは、行政の地域により異なるらしい。那須町では、年度中に75歳を迎える人、既に迎えている人達が祝いの対象になっていると聞く。老人という言葉は、年齢的に対象となるであろう人達には歓迎されていない。世間一般ではどのような基準なのかと調べてみると不揃いである。日本の老人福祉法、国民年金法では65歳以上、国連では60歳以上、世界保健機関(WHO)では65歳以上、運転免許証では70歳以上、平均寿命は延び、健康寿命が延びている現在、昔のイメージと異なることは事実だろう。「村の渡しの船頭さんは、今年60のおじいさん〜♬」唱歌で謳った幼い頃。孫からの「ジジ〜」は許せる範囲として、世間から「おじいさん」の言葉を掛けられないよう改めて日々の言動に自戒。
posted by はらっち at 11:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記