2020年10月10日

まちなか交流センターで写真展開催

DSC08659bc.jpg
   ” トロムソの夕陽 (2019年10月10日)”

 昨年7月に黒磯駅前通りに「那須塩原市まちなか交流センター(愛称くるる)」がオープンした。多目的に市民が使用できる施設になっている。その館内にギャラリースぺースが有り、写真展示に利用させて頂いている。これまで「旅へのいざないシリーズ」として展示し、今回で3回目となる。過去には「グランドサークjル」「ザルツカーマングド」だが、今回は昨年の同時期に友人と訪れた「北欧のパリ・トロムソ」である。偶然にも昨年の10月10日に撮影したオーロラが主役だ。今日から24日(土曜日)までの2週間の開催となる。展示準備中にも多くの方から作品に対する質問を頂いて嬉しい悲鳴である。特にプリントに拘り、発色とプリント紙にも最新の注意を払い、それが、普段見られている写真との違いに驚かれている人が多い。フイルム時代と異なり、自家現像の強みともいえる。遠く北極圏に訪れる機会はそう多くないはず、少しでも旅行気分を味わって欲しいと思う。
posted by はらっち at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 那須情報