2020年12月11日

横浜から巨人への移籍

GUM09_CL09017.jpg

 ネットニュースで読売巨人軍が、「横浜ベイスターズ」でFA宣言した「梶谷選手を獲得」と報じている。恐れていたことが起きた。FAは選手の権利でありやむを得ないが、横浜ファンとしては残念極まりない。過去にも大洋ホエールズ時代から読売ジャイアンツへ移籍した選手が目につく。旧くは、大洋の4番桑田、外国選手のシピン、投手の門倉、金城、4番の村田、そしてMLBに移籍した山口など大活躍中だった選手達である。幼い頃、読売ジャイアンツに憧れる選手は多い。しかし、穿った見方をすれば、野球選手の寿命はそれほど長くない。引退後は、解説者、球団関係者、はコーチ、監督への道と広がる選手もいるが、それには、在籍期間が長い球団との関係で左右されるようである。大洋、横浜からジャイアンツへ行って、引退後で処遇されているのは村田選手くらいであろう。梶谷選手はどのような選手生活・引退後生活をデザインしたのか気になって仕方がない。
posted by はらっち at 17:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記