2021年02月27日

任意自動車保険の更新

DSC01604c.jpg
  ”ダッシュボードに取付けた衝突事故時の感知センサー(2月27日)”

 自家用車を保有しているといろいろな出費が嵩む。その一つに任意の自動車保険がある。2月になると更新の案内が届く。現在は割引率の最も高い20等級、ゴールド免許で団体割引が適用されているので結構な割引率にはなっているが、どの程度の補償を求めるかで保険料が異なる。最も悩ましいのが車両保険だ。新車購入後3年間は、車両保険を付帯することにしている。昨年より、7000円ほど安くなったのだが、安くなった分だけプランを上げてみた。一昨日、高級そうな見てくれの良い15px10pほどのパッケージが届いた。自動車保険でお礼の品と云ことは無いはずと開けてみると、新しいプランの車載搭載の検知装置らしい。事故時の検知、並びに運転者の運転特性を検知(急ブレーキの使用回数などして、次回の保険料割引に適用するという。まあ、安全運転をモットーにしているわが身、問題なしと早速に車に取付けた。スマフォアプリのインストール後、機能しているかどうか調べてみようと解説書に目を通すが不明。已まなくサポートセンターに電話で問い合わせる。「手のひらにセンサーを叩いて調べて良いですか」と質問すると「それをやられますと係員が駆け付けますのでお止め下さい」という。解せないが諦める。運転時は携帯が必須条件、この検知装置に厄介のならないように安全運転の履行を再認識。
posted by はらっち at 18:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年02月25日

日米でオープニングキャンプたけなわ

DSC09804c.jpg
  ”セーフコ・フィールドに展示しているイチロー氏の雄姿(2016年12月9日)”

 コロナ禍が下火になりつつあると憶測される下で、各種スポーツが開幕の準備に取り組んでいる。又、ラグビートップリーグのように開幕を済ませているスポーツもある。最近は、日米で野球のキャンプ情報が盛り沢山だ。誰もがキャンプ時点では、贔屓チームの活躍・優勝を信じてやまない。
 今日のネットスポーツニュースでは、シアトルマリナーズの特別顧問コーチイチロー氏の精力的なキャンプ情報がモニター画面に踊っていた。コーチ稼業でも現役時代と変わらない鍛え方で今でもプレー出来そうな体系と論評されている。
 1916年12月バンクバーへ旅行した時に、シアトルまで1日観光をした。その時セーフィコ・フィールド(現Tモバイルパーク)を訪れた。その当時は、イチロー選手はシアトルマリナーズではなく、フロリダ・マーリンズの一員だったが、スタジアムの飾り窓には、メジャーリーグ最多安打達成時の雄姿がディスプレーしてあった。シアトルマリナーズにとっては、特別な選手なのだろう。その雄姿を観た時、お上りさんの雰囲気を超えて愛国心を奮い立たされた思いが記憶に新しい。今日の那須高原は、快晴だが冷たい風が吹いている。コロナ収束と共に球音が待ち遠しい。
posted by はらっち at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年02月23日

コロナ禍でマイレージポイントの悲哀

page.jpg

 「マイレージポイントの期限切れ」の通告がメールで来た。コロナ禍では、特典航空券に代えられずに海外旅行も儘ならずにたまる一方で期限切れが出てきた。利用している航空会社はスターアライアンスメンバーの青社である。現役時代から利用回数も多くマイレージポイントの恩恵に預かっていた。仕事で利用して貯まったマイレージポイントを私的に利用して良いものかと蚤の心臓がいつも落ち着かなった。
 リタイア後は、ポイントを取得する手段は殆どが買い物、公共料金の支払い等「オカマイラー」に変身した。それでも、特典航空券のCクラスで海外旅行を楽しむことを目的にしている。最近、夫婦で欧州迄Cクラス往復できるポイントが貯まったのだが、期限切れが3万ポイントもあることに気が付いた。5年前に同じようなことが発生して、ご飯の炊きあがりに拘る私に免じて炊飯器に交換した。その時のポイントが欧州往復Cクラス同等の6万ポイントだった。当時炊飯器の市販価格は6万円ほどだったのだが、欧州往復Cクラスとなると約30万円はするので、どうも割に合わないと嘆いたことが記憶に新しい。
 期限切れまじかな3万ポイントをどうするか思案、最終的は、買い物用カードのポイントに変換した。しかし、1万ポイントが1万円相当、特典航空券で国内線では2〜3万円相当、割が合わないと思いながら、捨てるより増しと諦めた。
 現在は、身近な販売店からネット通販など買い物時にポイントを付与することは当たり前、確か、このポイント付与システムは、大型カメラ量販店が始めて認知されたと記憶している。今では、ポイントシステムを知って付与率の高い利用方法を知ることで特典に大きな差が出るらしい。コロナ禍では、海外旅行も儘ならないが、早く収束して、マイレージの特典を享受したいと思うのだが。
posted by はらっち at 17:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年02月22日

シニアカレッジ講座再開

DSC01600c.jpg
  ” 田中地区の野焼き(2月22日9時頃)”

 栃木県で「緊急事態宣言」が解除されてから、公共施設の利用再開が望まれていた。21日まで施設利用不可であったが、今日22日から公共施設は利用制限下での解除となった。那須シニアカレッジでは、那須町文化センター、那須町スポーツセンター、複合施設りぼーるたなかを主会場に講座を行っている。各会場の利用制限が一律で無いことはこれまでと同じで、どうもその判断基準は各施設ごとの国の所轄官庁の考え方らしい。特に疑問なのは夜の外出規制が叫ばれている中で、施設が22時まで利用可能というのも誤解を招いてもおかしくない。講座中のマスク着用、施設出入り時の手指の消毒、3密を避けた行動など当たり前のことの厳守だ。外出自粛で身体を持て余していたシニア達には朗報であるが、再開が気の緩みになることだけは避けなければならないと肝に銘じている。
posted by はらっち at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 那須情報

2021年02月19日

2021年初めてのゴルフは陽光GCへ

2.192.PNG
  ” 陽光GCのランチタンタンメン(HPより拝借)”

 2日前に「19日は天候が良さそうなのでゴルフ行きましょう」といつもの仲間に連絡し、今日のプレーが実現した。昨日、一昨日は降雪だったので、天候が心配されていた。今朝起きると、快晴だが寒い。出発時の7時半の車載温度計は、1度、20分ほど走りゴルフ場へ近づくと何とマイナス3度、これは読みが違ったかなと不安。
8時半にスタートすると意外と穏やかで暖かな天候に安堵。和気あいあいとプレーして2時間程で前半のOUTを終わり、レストランへ。「食事以外はマスク着用」と大きな表示板の隣にはマスクが置いてある。
 このゴルフ場は数年前に中国系の経営者に変わりレストランのメニューも中華系に様変わりした。本格的な中華系の料理だ。麺類以外は食べていないのだが、「タンタンメン」「五目ラーメン」は絶品でいつも定番だ。市中の麺類と違う。麵は平打ちちじり麵と決めているが、ここの比較的太めの麵は十分に及第点だ。
 1時前にプレーは終了した。今の時期セルフプレーでお風呂は無い。着た切りスズメというかアメリカンスタイルのプレーで、そのまま帰宅する。帰りの車載温度計は8度を指していた。今年初めてのゴルフは、暖かさも手伝ってそれなりのスコアで楽しい一日となった。
posted by はらっち at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年02月18日

e-Taxにて確定申告終了

2.17.bmp
 ” 確定申告のお知らせハガキ”

 例年、確定申告は大田原税務署まで出かけていた。昨年、窓口で「パソコンやられていませんか、e−Taxの手続きしませんか」と税務署員に勧められて「パスワード」の設定をしておいた。昨年も、「マイナンバーカード方式」でチャレンジしたのだが、上手く行かずに持参した経過がある。今回も、「マイナンバーカード方式」に挑戦したが、事前セットアップにてこずりお手上げ状態、止む無くネットで対策方法を模索していると、「マイナンバーカード方式よりID,パスワード方式が簡単」とある。ID,パスワード方式に切り替えたが、暗証番号(パスワード)が判らない。さてと思案投げ首、昨年税務署で手続して書面を残していることを思い出す。これで手続きはスムースに行われて、約2時間で入力終了。国税庁のお薦めはスマフォ入力方法、シニア世代にあの小さな画面はストレスだ。又、「マイナンバーカード方式」の事前準備というパソコンの設定は、中々厄介だ。これがどこまでシニア世代が理解、使用できるか疑問。入力方法は容易だが、それに辿り着くまでやたらと回りくどい説明にストレスだ。世間の製造メーカーの取扱説明書の説明方法を参考にしてもらいたいものだ。納税者の一言である。
posted by はらっち at 10:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年02月16日

PETがん検診へ

21.2.16.bmp

 今日は、隣市の福島県白河市にある「JA福島厚生連 白河厚生総合病院」へ「PETがん検診」へ。3年連続の受診だ。白河市は近く、家を7時半に出発して那須インターより白河中央インターまで東北道を走ると20分で到着した。「PETがん検診」を受診するようになったきっかけは、地元の「広報那須」に記載されていた案内を目にしたことである。それまでに一度、胃の調子が悪かった時にこの病院で検診したことが有ったが、保険適用でも高額な診療費を払った記憶があった。しかし掲載内容は、那須町民であれば保険適用外でも比較的安価の料金設定になっていた。判断要因はこの料金と、大腸がん内視鏡検査の辛さを耳にしていたことも避けられるという有難さも加味された。
 いつものことながら、看護師達の振舞いも患者よりお客様を扱うというレベルで、至れり尽くせりだ。検査薬を静脈注射後、全身に回るまで約1時間案静し、画像診断が25分ほど。その後20分ほど休憩して終了。8階のレストランの食事サービスを受けて帰路に。約3週間後に結果が送られてくる。要精密検査が無いことを願うばかりだ。「問題なし」の場合は、早速に次回来年の予約をすることにしている。
posted by はらっち at 19:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年02月14日

Y邸宅の福寿草

DSC01552ac.jpg
  ” Y邸宅の福寿草(2月14日10時頃)”

 昨夜の地震には驚いた。まどろみ始めたころだったが慌ててベットをけって飛び起きた。薪ストーブの火や家具類の転倒が心配だったが、何事もなく済んだ。今朝は、改めて室内の状況、家の周囲を見て回ったが安堵。昨日にYさん宅に福寿草の撮影にお邪魔することを約束を取り付けていたが、無事、約束が果たせそうだ。
我が家の庭にも福寿草が咲き始めたのだが、Yさん宅の豪華な咲き方に嫉妬を覚えそうだ。今朝改めて伺う旨電話を入れると出掛けるので勝手に庭に入って下さい、と何とも太っ腹な対応。10時前に伺い、輝く福寿草を撮ってきた。福寿草の種は簡単に採取できるとのこと、時期が来たらその HOW-TOを教えていただく事に。
 
posted by はらっち at 19:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2021年02月13日

モニュメントバレーに思いを馳せる

DSC06747c.jpg
” モニュメントバレー(2014年10月24日)”

 映画見放題の会員サイトに登録してから久しい。コロナ禍で時間つぶしに利用する機会が増えている。最近観た映画に「荒野の決闘」がある。あの有名なOK牧場の決闘である。ジョン・フォード監督、主演ヘンリー・フォンダ。舞台は、モニュメントバレーに特設したロケ地、背景のモニュメントは懐かしさを呼び起こすに十分すぎる。
香川の友人に「只今荒野の決闘を観てます」とLINEすると、「最近、ザ・ビューホテルも予約可能ですよ」と間髪を入れずに返答があった。ジョン・ウェィン主演の駅馬車では、ジェロニモが駅馬車を襲撃する態勢で見下ろしていた丘としても有名だ。この跡地に建った「ザ・ビューホテル」は、2010年の4月に友人とツアーで訪れた時に宿泊した。ベランダからは目の前にモニュメントバレーが広がり、朝陽の撮影も居ながらにして出来た。それから有名になり、殆ど予約も出来ず宿泊費も高騰していった。最近は、コロナ禍の影響で観光客の利用も少なくなり予約も可能になったようだ。最近、LAから帰国した知人は、「エコノミーでも寝そべって過ごせますよ」と機内の状況を教えてくれるが、今は、リスク冒してまで行くには環境が悪すぎる。映画で楽しむ程度で我慢だ。
 添付の画像は、映画「駅馬車」で駅馬車が走ったオフロードをナバホ族のスクールバスが走る、現在の光景である。
posted by はらっち at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年02月11日

ISS(国際宇宙ステーション)が撮影意欲を掻き立てる

S__15163402c.jpg
" 瀬戸大橋上空を飛ぶISS(友人M氏撮影・画像処理)”

 四国香川在住のM氏、現役時代同じ釜の飯を喰い、リタイヤした後も何かと付き合いが深い、グランサークル3000q撮影旅行や、ニュージーランド撮影紀行、そして北欧オーロラ撮影と何回かの海外へも同行した。最初のツアー団体旅行では、「ホモ達かと思っていましたよ」と同行者から好奇の目で見られていたらしく、その時は集団と爆笑したこともある。その友人M氏、何かと凝り性で散財しているようだ。懐の深い奥方が羨ましい。最近は、星景写真に拍車がかかっている。機材にも凝り「やっと気に入ってレンズ見つけましたよ」と電話口からの嬉しそうな響。最近、ISSが上空を飛ぶ機会を見つけたは、瀬戸内の浜に出掛けているようだ。ISSが上空を飛ぶ空路と時間帯が判るURLを送ってきてくれた。那須の冬空、寒さに震えながら三脚を立てるには、気持ちを奮い立たせることが必要だ。友人には申し訳ないが、当分その機会は無いだろう。
posted by はらっち at 18:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2021年02月09日

降り続く雪

DSC01545c.jpg
  ” 庭の石楠花 (2月9日15時頃)”

 数日前は、春到来を予想させる暖かさだったが、昨日から冬に逆戻りの様相。車載温度計は、1度を指していた。昨夜から、静かに降り続いている雪は、今15時時点でも止みそうにない。ただ、降雪量が少ないことが救いで積雪量は多くない。買い物に行く予定も意気消沈でstay homeへ。 最近の暖かさで庭の木々も木肌を赤く染めはじめ蕾を膨らましていたが、驚きを隠せないだろう。代表的なのは石楠花達だ。福寿草も開花しそうだったが、今は雪の下に埋もれている。明日は天候も回復するというが、それを期待するだけである。
posted by はらっち at 15:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年02月07日

新幹線の走る風景

DSC01466awc.jpg
" 那須連山を背景に新幹線が走る(2月7日9時頃)”

 昨日に続いて暖かな日だ。これでは、那須連山の冠雪も融けてしまうだろうとカメラを車に積んで里に下りた。
那須連山を背景に電車の走る光景が写せないものかと普段から車窓を気にしている。鉄道写真家の中井精也氏のような風景の中にさりげなく電車が存在しているような光景だ。那須町には南北に東北線と並行するように新幹線が走っているが、殆ど目線の高さで高いところから写せるアングルが見つかられない。今日は、高久豊原線の道路沿いを歩きながらアングルを探した。気温の上昇と共にカスミがかかりクリアさが悪くなって行く。歩き回っただけ運動不足解消に多少は貢献したと諦めた。さて、明日は黒田原へ出掛ける用事がある。その途中で、気に入ったアングルが見つかると良いのだが。
posted by はらっち at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 那須情報

2021年02月06日

高齢者運転講習の続き

OIP (1).jpg

 先日、「運転免許更新などの手続き」で「認知機能検査」を行い、何とか「記憶力・判断力に心配ない」レベルの76点以上を何とかクリアした。一昨日、知人とその話になった。「私は満点とりました。チョットずるしましてね」と、カンニングでもしたのだろうか、と想像を巡らした。すると、「ご存知かと思うけど、ネットで勉強しまして」と気まずそうに話しをする。そのような手があるのかと絶句。帰宅してから、ネットを開くと確かに殆ど類似した問題が掲載されている。又、問題への取り組み方法まで解説してある。ネット社会、ネットの活用が不可欠だ。3年後には大いに活用しなければ。教訓である。
posted by はらっち at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年02月04日

セロジネ開花

DSC09178c.jpg

 蘭の数も少なくなった。一時期は80鉢を超える数に室内温室二つでも間に合わなかったのだが、今では一つで済む様になった。終活でもないのだが、新たな鉢を購入しないことを数年前から決めていて、蘭に対する愛情の冷え込みと共に鉢を減らす結果に繋がっている。それでもオーナーの冷ややかさに耐えている蘭達は冬場になるといつものように開花し、癒してくれる。今日は、温室内で開花している「セロジネ」を取り出して居間に飾った。「セロジネ」は、ヒマラヤ山麓に開花する蘭の一種だが、故江尻光一さんにて日本で陽の目を見られたと云われている。この我が家の「セロジネ」も須和田農園育ちである。
posted by はらっち at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) |

2021年02月03日

東京夜景の贈り物

S__9388108ac.jpg
  ” 東京の夜景(2月3日20時頃)知人女性スマフォで撮影”

 時々、東京在住の知人の女性から東京の上空からの画像をLINEで送ってくる。上空と云っても住まいのタワーマンション(タワーオクションが正しいかも)34階からの眺めである。タワーマンションは隈研吾氏の設計で高さ189mとのこと、富士山を望めるシーンやダイヤモンドフジの画像も羨望だ。「今夜は、湿度も低いようだし夜景を送って欲しい」とお願いしたら早速に何枚か送ってきた。我儘を言って「手振れしてるよとか、アングルが悪いとか」好き勝手なことも言っているのだが、文句一つ言わずに応えてくれている。昨日は、屋上に積もった雪で遊ぶご子息のシーンもあった。タワーマンションともなると階の上と1階では天候も違うという。雪が1階では雨という事あるらしい。外出自粛の今、ベランダからの眺めが気晴らしの一つとも言う。それにして羨ましい眺めである。
posted by はらっち at 20:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2021年02月01日

歓迎できない都会からの贈り物

DSC01283c.jpg
" 自宅横の道路脇空き地のゴミ(1月31日)”

 我が家の南、東方面は有難いことに開けていて、陽ざしを独り占めしている。農道(舗装はされている)を挟んで空き地があり、その前方はゴルフ場へと続く。空き地は、愛犬の散歩エリアにもなっている。昨日、愛犬と散歩に出かけると目の前にスタバのプラカップが落ちていた。我が家の近くのスタバは、約70q離れた宇都宮まで行かないと無い。持ち込まれてどこからか飛ばされて来たのだろう。この場所には似合わない光景だ。
 那須町は、一次産業が主体で経済活動の主に観光立町を掲げている。最盛期は500万人の観光客が訪れた時期もあった。観光事業で生計を立て、事業を営んでいる方にはお叱りを頂くが、自然の豊かさを求めて移住してきた者には、押しかける観光客に諸手を上げて歓迎できない。生活との共生が求められている。自宅付近の農業用水路にはコンビニで購入したと思われるゴミが散乱し、自然を取り戻そうというボランティア活動に尽力する人達も多いが、追いつかない。
 最近はプラスチック製品が環境問題で取り上げられているが、このようなポイ捨て族(ヤカラ)がいる限り、自然に帰る材料への変更が急がれているともいえるのではないだろうか。
posted by はらっち at 09:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記