2021年10月01日

「16時だよ!全員点灯」運動

1460708035.jpg
  ” シンク出版イラストを借用 ”

 那須町安全・安心メールで興味深い記事が寄せられた。「例年、日没が早まる10月以降は、「人対車両」の交通事故が増加し、特に午後4時以降の薄暮時間帯に多発する傾向にあります。
 そこで、今年も「16時だよ!全員点灯」をキャッチフレーズに、本日から来年2月28日までの間、午後4時から前照灯の点灯を推奨する「ライト4(フォー)」運動を県内一斉に実施します。」という記事だ。
 私は、通常走行でもスモールランプ(車幅灯)は点灯している。海外へ行くと日中でもヘッドライト点灯が多い。交通規則として義務化されている国も多いらしい。
 ヘッドライトを点灯するのは、運転をし易くするためだけではない。自分の車を他から認識してもらう目的の方が重要だ。「俺は、これ位の暗さでも運転できるぜ」とばかり闇夜のカラスのような車を見かけることがある。以前JAFの記事で、「事故に遭う車の色」で黒が多いとあった。当然で暗い色は他から識別し難い。ましてや薄暮となると尚更だろう。サッカーのゴールキーパーのユニフォームの色が赤色がセーブ率が高いという記事もあった。余談が多くなったが、悲惨な交通事故を起こさない、遭わないためにも早めの点灯が望ましいことは云うまでも無い。ささやかな自己主張は有効な手段だろう。
posted by はらっち at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記