2021年11月01日

今シーズン初めてストーブを焚く

DSC08936cc.jpg

 一昨日、我慢しきれなくなって薪ストーブを焚いた。例年より少し早い程度だ。最低気温が2度まで下がると、石油ファンヒーターでは、温まる範囲は居間だけだ。我が家のファンヒーターは比較的熱量が大きく3500kcalほどあるのだが、薪ストーブの12000kcal には歯が立たない。薪ストーブの暖かさは暖かさに丸みがあって心地よい。点火した後の面倒見が厄介だがそれだけ、望みに応えてくれる。
 先日、知人の別邸にお邪魔した時、薪ストーブのことが話題になった。居間が吹き抜けで見栄えが良く、夏は涼しのだが、冬は、薪ストーブの熱効率が悪く、吹き抜け天井を悔やんでいた。これは我が家でも同じ悩みだ。シーリングファンを回すと多少は改善されるが、決定打にはならない。今シーズンも強烈な寒さで温度を上げたい時、天井を見上げては悩むに違いない。でも普段は温盛に十分に満足している。
 
 
posted by はらっち at 20:24| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記