2022年01月22日

CRY MACHO を観る

クライマッチョ.jpg
   ”パンフレット表紙 (1月20日)”

 前評判の良い「クライ・マッチョ」を観に行った。いつもの「那須塩原フォーラム」へ。8番スクリーンには観客は5人。
 シナリオについて触れることは、これから鑑賞を予定されている方に失礼になるので差し控えるが、主演のクリント・イーストウッドの監督作品で40作目らしい。1930年生まれなので御年91歳。クリント・イーストウッドは、我々の世代には、1960年前後に放映された「ローハイド」のロディ役が強烈な印象である。あれから、西部劇やアクション映画の主役として活躍するようになった。ハリーキャラハン刑事役の「ダーティーハリーB」だったと思うが、銃弾を浴びたバスが宣伝カーとしてロス市内を走っている時に、遭遇したことがあった。
 「クライ・マッチョ」の映画化の話は40年前から何度かあったらしいが実現しなかったという。メキシコからテキサスへ向かう元カウボーイと少年、91歳と思えぬカーボーイ姿のイーストウッド、久しぶりに名優の姿を観た。
   
posted by はらっち at 20:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記