2022年03月09日

ストーブ用薪の玉切り終了

DSC03383c.jpg
  ”玉切りの済んだ原木(3月9日)”

 ここ数年、出来合いの薪を購入していた。単価は高いのだが玉切り、薪割の作業に付いて行けなくなったことがお大きな理由だ。といってもやる気の無さが最大の理由かもしれない。来シーズンに向けて、出来合いの薪を購入し始めたのだが、これまで購入していた業者が廃業したこと、新たな購入先も在庫が無く、来シーズン向けはこれから準備するとのことだった。そのような事情もあり「昔取った杵柄」と3トン2m原木を購入し、1日2時間程度原木の玉切をしていた。昨日は、お隣のIおばさんから「頑張っているわね、怪我しないようにね」と労いの言葉を頂いたが、今日は何とか終わらせようと9時から作業を始めた。しかし切れども切れども減らない、以前は、5トンも切っていたのだ。我ながらよくやれていたと驚き。11時半には、切り終わった。最後の方になるとチェンソーの切り味も悪くなってきた。途中目立てをせずに、使用しているのだから痛むのも止む無しだろう。背丈の高さに3列ほど積み上げた。さて、これからマサカリで手割すべきか、機械を借りて割るべきか悩ましいが、時間も有ることだし運動不足解消に手割に挑むことになるだろう。
posted by はらっち at 18:25| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記