2022年03月13日

野の花が咲き始めた

DSC03406c.jpg
" オオイヌノフグリ(3月13日14時頃晴れ)”

 我が家付近の農道にはいろいろな野の花が咲く。最近の気温上昇でその一つ「オオイヌノフグリ」が一揆に咲き始めた。正直者で日が陰ると花を閉じてしまう。美人薄命というべきか一日で花を閉じる。背丈も2〜3pと低く、花の大きさも小さい。イヌノフグリとオオイヌノフグリがあるようだが、図鑑を見ると周囲に咲いているのはオオイヌノフグリのようだ。名前の由来は咲き終わった後に種を付けるが、その形がイヌノフグリに似ているから命名されたようだ。その事を聞くと思わず破顔してしまう人が殆どだろう。「青い瞳」とロマンチックな別名もあるが、記憶に残り易い「オオイヌノフグリ」が使われている。この時期、あぜ道など足元を見ると、爽やかな色のこの花と出逢うことが出来る。
posted by はらっち at 19:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記