2022年04月16日

久しぶりのボーリング場

20220416_140955.jpg
    ”黒磯ボーリング場(4月16日)スマフォにて撮影 ”

 妻がリハビリ中の待機時間を利用して病院近くのボーリング場へ入ってみた。ボーリング場へ行ったのは、駐車場へ車を置いて周囲を散歩して歩行距離を稼ごうとしたのだ。しかし、何気なく目の前の「黒磯ボウリング場」へ立ち入った。入り口を入ると係員が足早に近づき体温測定器でチェックする。「ゲームですか」「いや〜久しぶりにボウリング場が懐かしくなって見学です。」「ごゆっくりどうぞ」と笑顔で案内してくれた。
 30レーンあるがゲーム中のレーンは、2レーンでキッズグループが楽しんでいるだけだった。ボーリング人口も戻ってきたという情報を耳にしていたが、それは大分前のことらしい。土曜日でこれでは、経営も大変だろうと余計な心配をしてしまう。コロナ禍の影響もあるのだろう。集団で声を出して楽しむ環境は、二の足を踏むかもしれない。半世紀前のボーリング全盛期は会社帰り2時間も待ってゲームをしたことが懐かしい。料金も550円/ゲームとその当時とは大分異なるが、シニア料金は変わらない。しかし、ゲームをしてみようという気が起きないのは、加齢のせいだろうか。
posted by はらっち at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記