2014年06月18日

珍しいぐい飲み

 先週金曜日、風楽さんへ撮影に行った。ご主人より、「珍しいぐい飲みがあるので撮影して欲しい」との問いかけを頂いた。ブツ撮りは、撮影機材と照明関係が揃わないと難しい。それらを持ち合わせていないので、適当な仕上がりですよ、と言い訳をしておいてお伺いをした。
14個のぐい飲みがセットになっていて、木箱に収まっている。それぞれに絵が入っていて、文字も記されている。
「全体の図柄等から推測すると高価なものでは無く、庶民が使われていたのでは」とご主人の談。ぐい飲みに注がれた酒、そこにだるまが浮かび上がる、これを肴にして会話も弾んだのではないかと、当時の情景が目に浮かぶ。
風楽さんへ行くと、珍しいもの、興味を引かれるものが多くある。展示品、販売品の主は、古布を再利用した衣類、小物、人形が多いが、それ以外にも拘りの商品が並ぶ。カフェをしながら、ゆったりとした時間を過ごしたい。

DSC06414c.jpg

DSC06435c.jpg
  
 14個のぐい飲みの一つ。
posted by はらっち at 18:19| Comment(6) | TrackBack(0) | 気になる店
この記事へのコメント
ぐい呑ですか・・。一時私もコレクションに凝りましたが、最近はアルコール控えめなので縁遠くなりましたね。ぐい呑で日本酒を楽しめるというのも・・健康な証拠の一つなんでしょうね。今の私には、達磨大師のごとく・・手も足も出ません!(・・;)
Posted by 小次郎パパ at 2014年06月19日 08:10
おもしろいぐい飲みですね。
全部のぐい飲みが見てみたいです。
Posted by そらり at 2014年06月19日 13:46
楽しい、他のも見たいですね。甘党でもこれだったら飲めそう。 読めないけど百人一首?
Posted by すーさん at 2014年06月19日 15:34
小次郎パパさんへ


いよっ、座布団一枚。
確かに楽しめそうなコレクションの一つですね。
ぐい飲みと書きましたが、お猪口に近い大きさです。
Posted by はらっち at 2014年06月19日 15:47
そらりさん

14種類、一つ一つが楽しめますね。確実に14杯は飲めます。
「あたしを酔わせてどうするの?」までの酒量かどうかは
判りませんが。(笑い)
はいっ、その内、形を変えて全品、ご覧頂けるようにしま〜す。
Posted by はらっち at 2014年06月19日 15:50
スーさん

昔の人は、いろいろと粋な事をやったものですね。
内容は詳しく判りませんので、詳細を聞いて続編を掲載します。
少々お待ち下さい。
Posted by はらっち at 2014年06月19日 15:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/100016225
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック