2014年07月13日

こうもり騒ぎ

DSC00808c.jpg
      ” こうもり (7月12日夕刻)”

 「僕、コウモリ見た事ある?」とご近所の6歳になるM君に話し掛ける。我が家近くの道路で自転車乗りをしていた手を休めて「あるよ、血吸うんでしょ」と予期せぬ言葉が返ってきた。
「どこにいるの」と近寄ってきた。草むしりの最中で汚れた手のまま、積んである薪の置き場に呼び寄せた。
薪の上に糞が大量にあって、昨年と同じ状況に又コウモリがやってきたな、と思い薪に覆いをしていたシシートを外すと三匹のコウモリが現れた。翼を広げると10cm位の大きさだろうか、日中のせいか身動き一つしない。
姿を消したM君が虫かごを持って現れた。「これに入れて」と。「どうするの、飼うの?育たないよ」と言っても差し出した手を引っ込めようとしない。
ピンセットで摘まむと、コウモリは口を開けて歯をむき出した。柔らかな感触がピンセットを通して手に伝わってきた。三匹を虫かごに入れると帰って行った。
今朝、庭の手入れをしていると、M君がやってきた。「昨日の夕方、みんな逃がしたよ」という。帰宅して母親に言われたのであろう「早く離しなさい」とでも。見るからに可愛いとは言い難い。
幼い頃、夕刻になると庭先の空をコウモリが飛んでいた。それを捕まえるというか落とそうと物干し竿に布切れを巻いて振り回した。コウモリは音波を発しながら飛ぶという事で、竿を振り回すと予期せぬ障害物に激突するらしい。M君の興味に幼い頃の想い出をダブらしていた。
posted by はらっち at 16:52| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
我が家も数年前にコウモリが空気口に住み着いてそりゃあ大変でしたよ(^_^;)
コウモリとの仁義無き戦いを繰り広げました(笑)
フン害がすごいんですよね(ー_ーメ)
それにしてもコウモリを虫かごに入れてあげるって\(◎o◎)/!スゴイですよね。
いくら頼まれたって・・・ちょっとコウモリを虫かごに三匹も入れるとは驚きですよ!
虫かごもけっこう大きいんですね。
私は子供の頃にコウモリを見た事がなかったので、始めてこちらで見た時は驚きましたよ!
1度庭に落ちたのか? 小秋に舐められてビッチョリになって固まっているコウモリをダーリンが助け出していましたよ(笑)
私は触るのもちょっとためらってしまいます。
Posted by あゆっち at 2014年07月14日 09:32
あゆっちさんへ

大量の糞に、フンガイです。(笑い)
あゆっち邸の種類と違うのかも、小型でしたよ。
顔をみると意外と可愛い顔をしてましたよ。歯をむいた時は
吸血鬼、というイメージでしたけどね。
見上げると、もう一匹いたように思いますけど、今朝は
姿が見えませんでした。
国によっては、これをスープの出汁にするとか。
間違っても注文のしないようにお願いしますね。
Posted by はらっち at 2014年07月14日 15:00
こんにちは。
何年か前に、雨戸とガラス戸の隙間に蝙蝠が2匹いた事があります。
締め切った雨戸の隙間から入ってきて、網戸にへばりついてました(笑)
何度も外に出したんですが、夜になると戻ってきてまして、10センチくらいの小さい蝙蝠でしたね。
那須ではその時だけでしばらく見かけていませんが、自宅近所には工場があったりするので夕方になると毎日普通に飛んでいます。
Posted by そらり at 2014年07月15日 16:11
そらりさん

コウモリについて、いろいろと経験がお有りのようですね。
私は、羽根を広げるガと同じで好のみません。
私に限らず好きな人は少ないでしょうね。(笑い)
Posted by はらっち at 2014年07月15日 18:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/101649110
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック