2014年11月02日

アメ車に悪戦苦闘

DSC01158c.jpg
    ”国道15号線でレンタカーと一休み(10月21日11時頃)”

 20日午後4時近くラスベガス・マッカラン国際空港に到着。その後、専用のへ無料シャトルバスでレンタカーセンターへ。手配のレンタカー車種は、旅行代理店経由で決定済み。シボレーの3.6Lセダンがこれからの旅を楽しくしてくれるはず。まず、カーナビの設定に手こずるが、何とかラスベガスストリップ通りのルクソールホテルにチェックイン。翌朝、まず車の使い勝手を二人で勉強。
@ ガソリンの給油は〜と、えっ、給油口に鍵が無い、鍵が掛らない。
A ライトの操作は????、えっ、なんでこんなに離れているのよ。
B ハザード操作は? どうやってボタンを押すのよ
と限りなく非人間工学的な操作に手をやく。
燃費も気になるところ。
総走行距離  :3086.4km
使用ガソリン料:56.26Gl(213L)
燃費:14.49km/L 
ガソリン価格:101円/L($110で換算)
「お〜、大食いのアメ車と思っていたけど失礼しました」と二人で納得。敢えて反論すれば、平坦な道を高速定速走行、これ位は当たり前と違う?というのも二人の意見。

DSC05906c.jpg
    ” 設置されていたナビ”

 このナビに悪戦苦闘、思うように行き先の設定が出来ない、設定した行き先が、エンジンを止める(イグニッションキーを抜く)と、リセットされてしまう。又、広域表示が出来ない、モニター画面が小さい、と不満たらたら。これを使いこなしている現地人に脱帽。唯一親しみが持てたのは、日本語女性の声に切り替えが出来た事かもしれない。
 日常利用している日本車と比較するのは、好ましくないかもしれないが、贔屓目を外しても日本車愛用の現地人が激増しているのも納得ゆく。アメリカからの自動車輸入の圧力も叫ばれている昨今。「これじゃ〜、買わないよ」と異口同音に二人の感想。それでも故障も無く無事役目を果たしてくれたアメ車に感謝。
posted by はらっち at 08:44| Comment(4) | TrackBack(0) | 海外旅行
この記事へのコメント
車の操作性にも、悪いながらも慣れていたようです。
帰国してしばらく経ちますが、ウインカーを出すつもりで、
ワイパーを動かしています。(笑)
Posted by タケチャン at 2014年11月02日 17:00
タケチャンへ

愛車のSUVに乗ると、何と運転し易い事か(笑い)
同メーカーの日本での右ハンドル仕様車を見ると
日本メーカーの仕様、操作性によく似ていますね。
と云う事は、アメリカ国内の車は、アメリカ人向け?
この違いを確かめなければ・・・・・・。難問だ〜。
Posted by はらっち at 2014年11月02日 20:08
日本のカーナビって本当にすばらしい!
・・・とハワイで痛感しました。
このお写真と同じナビでした。
これ、かなりのストレスですよね。
Posted by MAO at 2014年11月10日 19:16
MAOさんへ

アメリカ人って、順応性が高いか、幼稚かどちらかでは、(笑い)
おもちゃにもならしまヘン。
救いは、日本人女性らしい声だけ・・・・・。
Posted by はらっち at 2014年11月10日 21:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/105163218
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック