2014年11月18日

那須町黒田原神社へ

DSC06934c.jpg
    ” 黒田原神社 本殿 (11月18日9時半頃)”

 特別な意味、目的があった訳ではないのだが、黒田原神社へ歩いて行った。妻が定期診察をする間の時間を利用し、運度不足解消も兼ねている。田崎医院からは5分と掛らない。黒田原へ来ると何回か訪れている。いつも静かな佇まいである。モミジやイチョウの葉が参道や境内に広がり絨毯を引いたような環境を作り出している。鳥居は相変わらず、震災の影響を受けたままで修復がされずにある。神様もここまでは意見が通らないらしい。

DSC06927c.jpg
     ”狛犬(右側)” 

 狛犬は、普通口を開いているのが右側にあるらしいが、この神社では左側にある。建立時期が新しく明治以降ではないか、という説がる。この事より、この狛犬の役割、存在は大きい。特に今日の少子化には絶大なる存在だ。「子授かりの狛犬」という。足元のまりの中の小石を中指で三回回すとご利益が有るらしい。今の私には無縁のものだが。

DSC06929c.jpg
    ”狛犬(左側)”

 左側の狛犬は大きく口を開けて、お腹の下に子狛犬を置いている。「安産狛犬」の役割を担う。子供の狛犬を撫でると、安産になると云う。よく見ると触られている様子が伺えない。さてそれはどのような理由であろうか。子宝の狛犬のご利益が無く安産狛犬までお世話になる機会が無いのか。さて。

DSC06930c.jpg
      ” 絵馬 ”

 手水舎の横に絵馬の奉納場所がある。それぞれに願いを書き込んでいるが、面白い物も目に付く。賭け事の願いを添えているもの、果たして神様はこの手の願いはどう処理をされているのか。気になるところである。


posted by はらっち at 18:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 那須情報
この記事へのコメント
お聞きしたい事が、最初の神社の写真の水平がバッチリですね。これって手持ちでのシャッターですか?
Posted by サバサバサバ at 2014年11月18日 20:24
サバサバサバさんへ

心が真っ直ぐですと、真っ直ぐな写真に、あれ水平でしたね。(笑い)
はいっ手持ちです。カメラに電子水準器が付いてますから。
でもそれはじっくりと狙える時だけ使用します。
普段は、モニター上の表示がうるさくなりますから
消しています。
Posted by はらっち at 2014年11月18日 21:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/105727548
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック