2014年11月20日

房総鴨川へOB会懇親旅行

DSC06048c.jpg
    ”宿泊の「鴨川ヒルリゾートホテル」(11月20日9時頃)”

 19日、カレッジの講座を終了してその足で那須塩原駅に向かった。13時過ぎの新幹線に乗り東京駅経由特急わかしおで安房小湊へ。年に一度のOB会懇親旅行である。仲間たちは既に1時間前の電車でチェックインしている。1本遅れると1時間後、これも外房線の顧客数からしたら止む得ないのかもしれない。車中はガラガラで、安房小湊下車した乗客は三人だ。ホテルの車が迎えに来てくれていた。駅から5分、「鴨川ヒルリゾートホテル」へ。このホテルは5〜6年前に宿泊した事がある。高台にあり眺めが良い。OBの仲間達と春以来の再会。この懇親旅行に参加すのは殆ど変わり映えしないが、二人が初めての参加。いつもの通り宴会は昔話や、不参加仲間の近況の噂話でも盛り上がる。カラオケも始まる。宴会の後は、それぞれにグループ分けされて、二次会、カラオケの延長、酒を好まないものは雑談と別れる。それでも夜更かしは殆ど無い。シニア世代、それほど元気が無いことや、自分の体調が判っているからかもしれない。

DSC06071c.jpg
    ”誕生寺の本堂の提灯(11月20日 10時頃)”

 安房小湊は観光する所が少ない、鴨川まで足を伸ばせば「鴨川シーワールド」という事も考えられるが、一度行ったところで、幹事への要望は無かったらしい。ホテルの出発を遅くして誕生寺の参拝と鯛の浦の見物をする。誕生寺は、日蓮宗の大本山、日蓮聖人のご生家跡地に1276年に弟子によって建立されたと聞く。地震・津波・大火災等に遭いながら間もなく750年を迎える。境内は灯篭なども新しくなり、全体に整備された感がある。その後、昼食までには時間があり、当初の計画タクシー移動を変更して、店まで20分ほど掛けてゆっくりと向かう。海鮮懐石を堪能し、安房小湊駅より特急わかしおで帰路についた。各自、病気の一つ位は抱えているが、元気な再会を約束し東京駅で散会となった。いつものことだが、世話役の幹事に頭が下がる。
posted by はらっち at 22:35| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
アレッ!、鴨川ですか。私も家内と、17日は東京湾アクアライン経由で鴨川に入り、近くの鯛の浦見物をして、洲崎灯台近くの宿に泊まり、翌18日は館山の崖観音と鋸山に立ち寄り、帰りは金谷〜フェリーで帰って来ました。千倉あたりは今の時期は花が無く残念でしたが海が綺麗でした。
Posted by サバサバサバ at 2014年11月21日 09:55
サバサバサバさん

そうでしたか。鴨川へは浜松町から直行のバスが1000円で
利用できるとか?我々は電車で散財をしました。
シニアグループトイレ付きのバスでないと心配何ですね(笑い)
寒かったです。花の季節、というには程遠い陽気でした。
ま〜海無県の栃木県人、海の幸を頂けただけで満足です。
Posted by はらっち at 2014年11月21日 10:40
OB会もいいですね(*^ー’)b
シルバーカレッジの後、ダイレクトというのが素晴らしい! 若さの秘訣はなんですか? 
Posted by 大喜楽姉 at 2014年11月23日 17:58
姉さんへ

殆ど昔話と健康の話、衝撃的なのは時効という枕付きの暴露話でしょうかね。
宴会でカラオケして、又、カラオケルームを借りて歌いまくる
なんてこった(笑い)
これが、バカサの秘訣です。
Posted by はらっち at 2014年11月23日 20:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/105795203
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック