2014年12月13日

モロ(サガンボ)料理

DSC06160.JPG
    ” 黒磯の大型スーパーに並んでいたモロ(12月11日)”

 昨年の初夏、「モロ料理」が私の周辺で話題になった。私が知らない事もあったが、周囲の友人も地元出身でない事もあり、興味が拡大した。その後、出先で機会を捉えて店の人に質問したり、カメラを通してお付き合い頂いている地元高校の先生Sさんにもお手を煩わせたり、情報収集に努めた事は記憶に新しい。
 秋頃からスーパーの鮮魚ケースに「サメ」とか「モロサメ」とかの商品名で目に付くようになり始めた。昨年十分に話題にしたので、今は見ても驚く事は無い。サメでもボウザメらしい。「一度食べてみようか」と妻に投げかけても首を縦に振らない。名前から想像して毛嫌いしているようだ。骨が無く食べ易い、から揚げにすると良い、煮付けが良い等と耳にするが、那須地方では昔から冬の魚料理として食べられていた。サメが持つアンモニア成分は旧くなると臭いがきつくなり食べ難くなるようだが、それまでは日持ちをさせる働きをして、内陸部の魚系食材として重宝されてきた。那須地方と書いたが、栃木県の山沿い地区、群馬でも食べると耳にする。
 いつになったら我が家の食卓に並ぶか、このまま食することなく済んでしまうのか。このままでは我が家の料理人は手を付けてくれそうにないので後者が有力である。
posted by はらっち at 15:53| Comment(6) | TrackBack(0) | 那須情報
この記事へのコメント
那須温泉の実家では 暮から正月に食べていた記憶です。
この魚は煮こごりが凄いので 魚を食べた後 熱いご飯に 煮こごりだけ乗せて食べました。 好きかと云えば? 実家から出て 1度も作った事ありません。
Posted by 那須美 at 2014年12月13日 18:21
那須美さんへ

最後のコメントで、那須美さんの評価が読み取れますね。(笑い)
どのような食感か、一度味わってみたい様な衝動にかられていますが
それは無謀でしょうかね・・・・。
「しもつかり」と同様の扱いになって行く運命でしょうか。
それなら尚更食べてみなくては。(笑い)
Posted by はらっち at 2014年12月13日 21:01
あれ?
多分、よく食べる魚だと思いますが、美味しいですよ(*^-')b
私は、ペーパーで水気を取ったあと、軽く片栗をまぶし、油を引いたフライパンで焼きます。
最後に、同量の酒と醤油を混ぜたものを回しかけ火を止めます。臭みもなく、小骨もないので美味しいと思いますよ!
Posted by 大喜楽姉 at 2014年12月13日 23:09
姉さん

 芦野・伊王野地区の方に伺うと、冬には欠かせない料理とか。
身近に経験者がいらっしゃいましたね。姉さんのレシピを
参考にトライしていましょう。小骨が無いのも
イイですね。
Posted by はらっち at 2014年12月14日 08:54
楽しみに拝読させていただいています。
那須でスローライフを送る上での情報が満載なので、とても参考になります。
以前、薪割りの記事がありましたが、薪割り機は、どちらからレンタルされたのでしょう。
可能であれば教えてください。
今後もブログの更新を楽しみにしています。
Posted by ミセスピーチ at 2014年12月14日 09:57
ミヤスピーチさんへ

コメント有難うございます。同じスローライフ派ですか
嬉しいですね。
私が、お借りしている薪割り機は、「ファイアーワークスNasu」
です。0287-78-7633
薪割り機は、薪割り能力でタイプがありますね。
私の経験は、2014.4.8の記事をご覧頂ければ、
多少はご参考になるかと。詳細はメールにて。
Posted by はらっち at 2014年12月14日 10:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/106369106
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック