2014年12月19日

雪の日にパンを焼く

DSC06185c.jpg
   ”焼成後の山食パンとチーズトッピングのコッペ(12月18日)”
 

 昨日は、約25cmの積雪があり、出掛ける事も無く自宅でのんびりと過ごした。運動と云えば、雪掻きと愛犬の散歩の付き合い程度。愛犬は、胴長短足のコーギー、ラッセル車並みに雪を掻き分けての行軍、笑える。午後は、COPPEでチャーリーズ・エンジェル達とのパン教室の予定だった。黒磯から上がってくる自信が無かったのだろう、雪で中止になった。2か月ぶりの再会は水泡になり残念な結果に。
 パンの在庫も底を付いてきたので、いつもの山食パンを焼く事にした。先日、購入した「白神こだま酵母ドライ」を使った。三度目になる。普段使用しているサフと違って、発酵時間が長い。確かに焼き上がりは、クラム(中身)のキメの細かさが違うようだ。
 材料 @ 強力粉(タンパク質13%) 500g
    A 無塩バター         20g(ベーカーズ% 4%)
    B 砂糖            25g(5%)
    C 塩              5g(1%)
    D スキムミルク        10g(2%)
    E ドライイースト        5g(1%)
    F 水(40度)       375cc(75%)
作業  @ ドライイースト 10分間 予備発酵
    A 機械捏ね    15分間(生地温度 24度)
    B 一次発酵    150分 (オーブン温度 35度)
    C 生地4分割 235gX4個 (生地温度28度)
    D ベンチタイム 15分
    E 型に入れて二次発酵 90分
    F コッペ チーズをトッピング
    G オーブン余熱 190度(約2分)
      *生地に水スプレー
    H 焼成 21分 (190度)
 今回の出来上がりは、自画自賛とはならない。焼成時間も少なかったようでチーズも十分に融けていないので見映えも悪い。又、焼き目も足りないようだ。オーブンを覗きこんで確かめたはずなのだが、判断を誤った。「最近目が悪くなって」の言い訳にしたいと思う。 
 サフのインスタントドライイーストを使用した時の生地の状態と同じような発酵、焼成を良しとして目安にしている。作業時間が長いので、「白神こだま酵母」が無くなった時点で、これまでのサフのインスタントドライイーストに戻そうと思う。しかし、これだけ手間暇を掛けるのだから、何か劇的に良くなるはず、と思うのは素人考えか。那須シニアカレッジ上級コースで酵母による違いを習ったのだが、十分に理解レベルまでは到達していないのだ。その内澄子先生にこの辺のことを聞いてみようと思う。雪の日、十分に時間を潰せたことを良しとしたい。   
posted by はらっち at 14:02| Comment(2) | TrackBack(0) | パン生活
この記事へのコメント
食べたいなぁ〜♪ 試食に呼んでほしいなぁ〜♫ 行きたいなぁ〜 (^m^v
Posted by 大喜楽姉 at 2014年12月20日 11:00
姉さんへ

大喜楽姉さんを「おきらくあね」さんと読んでいましたが
チャうんですね。ま〜姉さんでヨカンベ〜?
試食なんて良い物では有馬温泉。毒味でしたらどうぞ。(笑い)
Posted by はらっち at 2014年12月20日 13:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/107289437
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック