2014年12月26日

バンクバーの朝日を観る

IMG.jpg
     ” リーフレットの一部 (12月25日)”

 最近、毎週「フォーラム那須塩原」へ足を運ぶ優等生だ。昨日、「バンクーバーの朝日」を観た。当日、初回の上映だが、比較的大きなスクリーン5の会場には20名程の観客。出演者の一人に上地雄輔氏がいる。横浜高校時松阪とバッテリ−を組んだ本物の捕手。俳優としての力量も気になるが、野球のシーンでの姿はどうだろうか。
 撮影ロケ地が県内足利市と聞いていた。其の事を知らずに観たかった。何処で撮影したのかと、エピローグのスクリーンで撮影協力地を探す事の方が好きだ。背景に映し出される山並みは、カナダでは無く日本と知りながら観ると興味は薄れる。ストーリーは、戦前カナダ・バンクバーへ移民した人達で結成された野球チームの活躍と移民の方達の苦しさがベースになっている。
 映像は全体に暗いが、野球シーンだけは明るめに露出されて雰囲気を出している。これも監督の演出かもしれない。評価は、観る人其々だが、映画は娯楽肩ひじ張らずに観れば楽しい。1100円で楽しめるのだから。前週観た「GONE GIRL]の方が、時間の経過を忘れた。
posted by はらっち at 09:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/108424818
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック