2015年01月12日

期待外れの雪原

DSC06978c.jpg
    ” 小深堀付近より八溝方面を望む(1月12日10時頃 晴)”

 今朝起きると、デッキンには5cm程の積雪があった。陽射しも出てきているのだが、強風が雪を舞いあげて吹雪の様になっている。強風が気になるところだが、この積雪であれば小深堀付近に雪原が出来ているのではないかと、カメラを持って出掛けてみた。
 小深堀は、昭和天皇が植物観察でこよなく愛されたところ聞く。4〜5年前になるだろうか、地権者のお考えで立ち入り禁止になっている。「入るな、取るな」の看板が何箇所か目に付く。高山植物、山野草など珍しい植物が見られただけにおしいが、確かに荒らされ始めて管理・保全が望まれていた。噂によるとそれ以上の理由があるとも聞く。
 湿原を横目に丘陵地に行くと、強風の影響だろうか積雪は全くなかった。北海道美瑛の光景まではならないとしても、広大な光景を見る事が出来るのだが、今日は、寂しい冬の情景が広がっていた。

*画像データ 使用カメラ;ILCE−7(α7) 焦点距離;24mm 絞り;F8 
       SS;1/1250 ISO;100 WB:デーライト 
        露出補正;−0.3 画質;エクストラファイン
posted by はらっち at 13:01| Comment(4) | TrackBack(0) | 那須情報
この記事へのコメント
県道68号沿いの大深堀〜小深堀から眺める八溝方面は 電線が写り込まない箇所が有るのですよね。
「サクラソウ」の自生地は 故 見川泰山先生が 保護活動されて残ったのですけど その後整地されたりして 花が少なくなったような気します。
Posted by 那須美 at 2015年01月12日 23:59
那須美さんへ

 那須の魅力を残すには、景観への認識・理解が欠かせませんね。
小深堀の日本サクラ草、自然な姿で残っていて感動したことを
懐かしく思います。
Posted by はらっち at 2015年01月13日 08:22
東京に住んでいると、週末に那須に雪の予報が出ていると、待ちきれなくなります。隣町に済む家族や友人はそんな気持ちが理解できないようです。
この広大な風景は私もとても好きです。
小深堀の湿原を写した写真に思いがけないレッドデータブック登録種が写っているのを見つけた時等はこの湿原がとてもいとおしくなります。
Posted by woodsman at 2015年01月13日 15:35
woodsmanさんへ

 HPの情報から、自然にお詳しい方とお見受けしました。
別邸も、大深堀付近?と勝手に想像しています。(笑い)
9年前頃、湿原でサクラ草の群生、トキ草、サギソウなど
題材に事欠きませんでした。湿原も手が入らなくなって
荒れていますね。残念です。
Posted by はらっち at 2015年01月13日 18:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/111504703
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック