2015年02月08日

エコという名の自然破壊が進む

page.jpg
   ” 太陽光パネル設置用に開墾中の山林(2月7日15時頃)”

 東日本大震災以降、再生エネルギーの一つとして太陽光発電、ソーラ発電が脚光を浴びている。この動きが活発になる事は、化石燃料や原子力を利用するより大いに歓迎である。屋根上に設置など人工物に付加しての利用は、高層建築物の屋上緑化と同様、好ましいことだろう。しかし、この開発が、自然を破壊して進めるとなるとエコロジーとは言い難い。眉をひそめてしまう。
 他の地域は判らないが、那須町、特に高原地区に田畑やゴルフ場、山林を切り開いて太陽光パネルの設置が目に付き始めた。最近、御用邸用地に隣接する場所に大規模開墾が進んでいると耳にして、どのような状況か車を走らせた。桜台別荘地の奥にカメラの広角レンズでも収めきれない広範囲な開墾地が現れた。大型重機が何機か稼働している。小川を隔てて住居が何軒かある。この地は、御用邸内の櫻鳴亭からも見渡せるのではないか。この様変わりように天皇陛下もお言葉にはされないだろうが驚かれるに違いない。
 那須町、特に高原地区は、国立公園法、森林法、景観条例などで厳しく自然破壊に眼を配っている。果たしてこの現状は、それらをクリアしているのか。法律如何に関わらず、この大規模自然破壊は、町としての財産を放棄することであり、無関心では無いはずと思うのだが、ここまで進んでいるということはどのような事であろうか。
 那須町に移住してきている人は、平成になって以後、全人口の40数%になったと3年前に高久町長の挨拶で耳にした事がある。実態は把握していないが、高原地区に多いのではないだろうか。その内に私家族も含まれている。移住の目的は、ムチ打たれて都会を追い出された訳でも無く、喧騒や大気汚染様々なストレスからインフラの不備を我慢しても自然に身を置こうという人が大半のはず。「自然豊か」とは、猛禽類の生息で決まるらしい。山林が無くなれば猛禽類も生息しなくなることは明らかである。自然再生は多くの時間を要す。
 果たしてこの開発は、我々住民の生活を豊かに利益をもたらすのだろうか。
posted by はらっち at 13:52| Comment(8) | TrackBack(0) | 那須情報
この記事へのコメント
ソーラー発電の美旗で 自然破壊までしてエコに邁進しても 国は原発を稼働させようとしています
国破れて山河なし !
Posted by at 2015年02月08日 15:52
雑木林を伐採しなくても、無造作に植えられ放置されている杉林がたくさんあるのに!と、花粉症の僕は思います。
Posted by タケ at 2015年02月08日 18:01
**さん

 役場は事務処理をしているだけなんですね。
そこに本質を見ていないのでしょう。
残念の一言です。
Posted by はらっち at 2015年02月08日 19:23
タケさんへ

開発する場所をはき違えてますよね。
「その人が所有する場所で何をやろうと止められない」という
ことらしいですよ。
Posted by はらっち at 2015年02月08日 19:28
はらっちさん こんばんは。
最初のコメント 私です。 スマホで書いていて名前を入れ忘れてしまって 大変失礼致しました。

付け足せば 杉は この先お金になるかも知れないけど? 雑木林は 落ち葉を集めて牛馬に踏ませる事も無くなったので 無用の物と思っているのでしょうか
Posted by 那須美 at 2015年02月08日 20:01
那須美さん

 那須美さん、おはようございます。
名無しは、那須美さんでしたか。(笑)
森林は、伐採、運び出すにも多額の費用が掛るとか。
現場を観て、大規模に驚きました。それも御用地に隣接してます。
 那須の魅力を自ら削ってどうするのでしょうか。
Posted by はらっち at 2015年02月09日 08:09
こんにちは。

先日はありがとうございましたm(_ _)m

那須(栃木)に限らず
群馬 山梨 長野などでも
こういった開発や計画が相次いでいて残念です

千本松付近にも大規模な計画があるようですが
憂鬱でなりません












Posted by minmin at 2015年02月12日 10:36
minminさん

 68号線(白河方面)でも、大谷付近でも大規模に
設置作業が進んでいますね。
陽射しの方向によっては、反射光がひどくなり
生活に支障をきたすところも出てくるのではないでしょうかね。
しかし、桜台の奥はひどいですね。
 海外では、風力発電が目に付きますが、日本は太陽光パネルの
ようですね。何と、設置基準の見直しを進めて欲しいと思います。
Posted by はらっち at 2015年02月12日 17:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/113390127
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック