2015年02月09日

栃木あるあるって?

image.jpg
  ”栃木あるある、栃木のおきての2冊”

 栃木県西方(旧下都賀郡)生まれの祖母は、粟野町(旧粕尾村)に嫁いできた。80歳を過ぎる頃は、農家の女性特有の腰が曲がった姿であった。私が実しやかに冗談をいうと「たこと〜」と言って笑った。今は、全く耳にしないが懐かしい。
 先日、宇都宮在住のSさん(昨年までは高校の教職)から電話を頂いた。店を営んでいた時は、毎週のように来店されて、カメラ談義をした。そのSさんは、栃木に関する情報源でもある。「栃木あるある、読みましたか」と電話を頂いた。以前、教えて頂いた「栃木のおきて」は、モロの事を調べる事もあって直ぐに取り寄せていた。今回も、ネットを利用して早速に取り寄せた。表紙のタイトルが面白い。「大島優子は栃木の誇り!」と大きく表示。記事内容を読むと納得、チョット誇張し過ぎでは、というものもあるが楽しませてくれる。 
 那須へ移住して地元の特有の言葉、独特な地名の呼び名があって、馴染むのに時間が掛っている。那須検定でもよく取り上げられる。那須町だけに絞っても面白い話題が集まるかもしれない。
posted by はらっち at 12:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/113437962
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック