2015年03月17日

風に立つライオンを観る

3.17.jpg
   ” パンフレット表紙を拝借 (3月17日)”

 理髪店でさっぱりした後、「那須フォーラム」に寄り道して、「風に立つライオン」を観た。久しぶりの邦画。映画館に着くと、いつもと違ったロビーの光景、春休み、卒業後の休みなのか、若者達で賑わっている。第6スクリーンも7割程埋まっていた。
 この映画は、1987年に「さだまさし」が楽曲「風に立つライオン」を小説化,映画化した稀な展開をした映画と聞く。主人公は、アフリカ・ケニアで医療に携わった実在の日本医師「柴田紘一郎」氏をモデルに作られた。映画では、島田航一郎の名前で登場する。ケニア・ナックルにある長崎大学熱帯医学研究所に派遣されるが、紛争地域内の医療活動は心を打たれる。現地の子供達との触れ合いはも。その中でチャーミング石原さとみが光る、テレビやスクリーンを通しての今までのイメージとは違うように思うのは私だけだろうか。
 映像は、アフリカのイメージを演出しているのだろうか、全体にセピアな色彩で、状況によってはアフリカの広大さ、美しさを魅せてくれても良かったのではないかと勝手に思う。邦画も、題材、俳優に恵まれると嬉しい。気温が上がった春の一日を映画で楽しんだ。
posted by はらっち at 18:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/115277214
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック