2015年03月30日

庭の草花

DSC07203c.jpg
    ” ヒマラヤユキノシタ (3月30日正午頃)”

 春らしい陽気になって来た。輪を掛けて花粉症の症状も酷くなってきた。庭の草花、木々も慌てて春の装いを始めたようだ。といっても彼らにとっては年中行事で準備万端なのであろう。
我が家の縁石に、30年ほど前に奈良に住んでいた頃、庭の片隅にあった「ヒマラヤユキノシタ」が、横浜を経て那須の庭に移住した。耐寒性が良い植物らしく、株分けをしながら元気に育っている。葉が大きすぎて場所を取るが、ピンク色が春を思わせるようで華やいでいる。

page3.30.jpg
  ” 上;春ラン(ジジババ)、下;ショウジョウバカマ(3月30日16時頃)”

 春ランというと聞こえが良いが、田舎では「ジジババ」の方がとおりが良い。この時期林に立ち入れば、至る所で見る事が出来る。黄色のジジババも咲いているが、その写真を見たブログ仲間が、「高価な春ランだね」とコメントを寄せてくれて、その時初めてジジババにもランクが有ることを知った。
 「ショウジョウバカマ」は、3〜4年前から突然現れた。花の数も増えて5輪になった。増え方は種子のほか、葉の先にできる不定芽によっても殖えることができる。
 丈が低い草花の撮影は、シニア世代にとっては苦痛だ。前かがみがいけない。最近のカメラは、モニターが可変して楽にはなったが、撮影後は、腰を伸ばさなければならない。それでも、ファインダーを通して春を切り撮るのも良いものだ。
 
posted by はらっち at 17:07| Comment(2) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
春ですねぇ。
那須の家の庭には何も咲かないので(笑)うらやましいです。
今年は手入れしていろいろ植えようかと。
Posted by そらり at 2015年04月01日 20:45
そらりさん

 草花は、生命力旺盛かと。主が居なくても留守を守って
美しい花を咲かせてくれるかと思います。
是非、草花を植えられることをお薦めしたいな〜。
Posted by はらっち at 2015年04月01日 22:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/115934104
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック