2015年04月20日

イカリソウを頂く

DSC07282c.jpg
   ” イカリソウ (4月19日13時頃)曇”

 シニアカレッジパン教室で机を並べる高雄台にお住まいのIさん。「ピンクのイカリソウ要らない?」と以前から声を掛けて頂いていた。17日の食事会で近日中に伺いたい意向は伝えていた。昨日、13時過ぎが都合が良いとご連絡を頂き高雄台別荘地の邸宅に伺った。既に、3年前、「ムラサキキクザキイチゲ」と「キバナイカリソウ」を頂きに行ったが道順が記憶に薄く、入口の管理事務所で尋ねて伺った。既に、庭先に出て待っていてくれていた。庭には、各種山野草が群をなして花が咲いている。
 「イカリソウは増え過ぎて、好きなだけ持っていって」と大きな株を掘り起こしてくれた。「そんな大きな株はまずいでしょ」というと「すぐ増えるから平気よ」と、又、次の株に手を伸ばしている。
 イカリソウは、紫色、黄色、白色等各種ある。今回頂いたのは紫色。母種は、「ヤチマタイカリjソウ」という白色、熊本県に産する「ヒゴイカリソウ」、「ヒメイカリソウ」「トキワイカリソウ」「キバナイカリソウ」「オオバイカリソウ」など多種。頂いた紫色のイカリソウは、葉が常録でないので「トキワイカリソウ」ではなさそうだ。

DSC07280cc.jpg
    ” ムラサキキクザキイチゲの群生 (4月17日13時頃)”

 「ムラサキキクザキイチゲ」が群生をなしていた。我が家にも頂いた同種があるが、それほど株を大きくしている訳ではない。他の山野草類を見ても生育が良い。「土壌?手入れ?、何が違うのかな」と問いかけると
、「何も特別な事はしていないわよ」と、あっけらかんな答が返ってきた。
我が家の庭先では、ヤマシャクヤク、シラネアオイが芽を出し始めた。さて、今年の生育はどうであろうか。
*画像データ カメラ;sony α77 レンズ:100mmマクロ
       SS;1/1250   絞り:f5.6 ISO;400 WB:曇 
posted by はらっち at 08:18| Comment(4) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
あの〜たくさん増えた暁には、お裾分けいただけないでしょうか・・・。笑

「土壌?手入れ?何が違うのかな〜?
何も特別な事はしていない?」
本当に何もしなければ、うちの庭のようなりますよね〜?草花に向ける愛情ですかね・・・?
Posted by mao at 2015年04月22日 09:02
MAOさん

いや、MAO邸は、庭が広すぎて山野草には向かないダベ。
イングリッシュガーデンが似合うかと。(ヨイッショ)
自然に任せる、これ究極のエコ?
Posted by はらっち at 2015年04月22日 15:32
はいはい!
わたすも、お裾分け希望(^m^v

山野草に向く土壌かいなか、今度じっくり調査していただこう♪

そうそう、メール届いています?パソコンの調子が悪くて..
Posted by 大喜楽姉 at 2015年04月23日 16:20
大喜楽姉さん

庭先でバーベキュー、ピザ焼きなどグルメな環境、
山野草の土壌より、肉汁が浸み込んだ栄養たっぷりで
モグラのスミカが最優先になるかと。
最近、**のメール届いていませんよ。(笑い)
Posted by はらっち at 2015年04月23日 19:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/121198176
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック