2015年05月20日

東京へUターンの判断

page.jpg

 「来月、東京へ戻る事にしたわ」と突然に衝撃的な言葉がO夫人の口から発せられた。O夫人は、我が家から歩いて50mも無い距離にお住まい。数年前にご主人が他界し、2年前に愛犬も亡くなってしまった。毎日、愛犬の散歩で井戸端会議をする仲、生年月日が同じという奇遇さ。「又、どうして?」と聞くと「これからの生活を考えると、いつかは那須を離れるようになるし」という。
 那須町は、人口の減少化傾向が止まらない。10年前に移住した時は、28000人弱だったが、今は、26300人余りに減少している。この傾向はこれまでのデーターを見れば明らかである。定住化を促進するための行政間での連携、組織化、委員会を設定すると報道で知った。遅きに失した感が無い訳では無いが、手をこまねいているより、動き出す事は歓迎だ。
 那須町の世帯数は、10000世帯を超えているが、単純に計算すれば2.6人の家族構成になる。高原地区は町外、県外からの移住者が大半を占め、家族構成は二人が殆どだろう。里地区は、その分家族構成が増える、又、歴史的に親類縁者、ご近所との交わりも深く、万一の時の援助に困る事は少ないと推察するが、高原地区はコミュニティーに頼わざるを得ない。
 我が家は、幸いにして大型スーパー、ホームセンターも近く、友愛の森も歩いて10分も掛らず東京行きのバスを利用できる。愚息も所帯を持って隣の町に住んでいる。しかし、「お互い一人暮らしになったら、どうしようかね、一戸建ては、煩わしいね」という会話になる。自己防衛でコミュニティーの充実を図る事は無論だが、O夫人の判断は他人事では無く衝撃的である。
posted by はらっち at 17:26| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
身につまされるような話です。私も今から13年前、近くに従弟たちがいたためもあって、長野に家を建て、今でも月に1回位行き来しております。当時は息子家族も押しかけて来ましたが、最近は孫も学校に通うようになり、それぞれの活動に忙しくなり、年、1回位しか、長野に来なくなりました。これからは家内と二人で東京に住むか長野に移るか考える所ですが、家内は基本的に長野に移る気は無いようです。と、すると、先々、長野の家をどうするか?息子曰く、「残しといたら…」と簡単に言うが諸経費が毎月、更に税金などがかさむようになります。また、息子が後を引き受けてくれる保証もありません。所詮好きで自分が立てた家ですから自分で処理するしかありません。まだいつも住んでいない家なので中身もすごくきれいなので将来、貸家にでもしようかとも考えています。
Posted by サバサバサバ at 2015年05月20日 21:06
他人ごとではありませんね。
呆けて徘徊でも始まったら山の中は即アウト!
街灯もありませんから(笑

まじめに考えよっと=33
Posted by 大喜楽姉 at 2015年05月20日 22:31
サバサバサバさん

この話は、私の周囲で心配事としてよく話題になります。
簡単に云えば、インフラの整備が追い付いていないんですね。
私の友人は、那須高原に広い土地を持っているのですが、
相続する娘さん達からは、住む気は全く無いので、
処分してくれと云われ、私にも協力を依頼してきています。
別荘と云うと華やかな響きがある一面、厄介さもありますね。
Posted by はらっち at 2015年05月21日 04:45
大喜楽姉さん

何を仰ってますか、まだ心配する年でもありませんでしょう。
まだ、50年先かと。(笑い)
何か、心配事が発生した時は、ドローンを飛ばして下さい。
確かに、山の中の徘徊はいけませんよ。今まで以上に
グレート3と仲良く手を取り合ってお暮らしを。
Posted by はらっち at 2015年05月21日 04:48
そっか〜。そうですよね・・・。
私も車に乗れなくなったら、引きこもりになってしまうので(笑)
東京に戻るしかないなぁと、思っています。

その時期がいつなのかわからないので、
今の那須生活を精一杯、存分に楽しみたいと、
・・・いや、はい、十分楽しんでおります。笑
Posted by MAO at 2015年05月27日 16:56
MAOさんへ

住人が少なくなると、何とか集落とか言って、いろいろと
問題があるようですが、行政はもっとまじめに取り組まないと、
お役人達の皆さんも職を失うことになりますかね。
那須を楽しみすぎている、特にゴルフで、でもこれからも
まだまだ時間はたっぷりと有りまんがな〜。
Posted by はらっち at 2015年05月28日 00:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/132488779
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック