2015年07月25日

「イタリアは呼んでいる」を観る

IMG.jpg
     ” パンフレットの一部をスキャン(7月25日)”

 イタリアは海外でも好きな国の一つである。イタリア各地、どこへ行っても歴史遺産に触れる事が出来て悠久の時を感じる事が出来る。
その「イタリア」の文字に引き寄せられて今日封切りの「イタリアは呼んでいる」を観に行った。映画は人其々、期待するところが異なるので何とも言えないが、私の期待を裏切った。男二人が6日間、ミニクーパーでイタリアを縦断して各地を訪れるのだが、ストーリーの大半が男性二人の会話で占められて、地中海の陽射しを感じるシーン、背景も少ない。観客席は6名、前方席の観客達も座り心地が悪そうで落ち着かない。ロングラン大ヒット、との謳い文句に踊らされたようだ。

page-3.jpg
   ” 2007年12月に訪れた時の数コマ”

 イタリアを訪れたのは2007年12月、もう8年前になる。12月は、欧州各国、それぞれの街でクリスマスマーケットが華やかなのだが、その時のイタリア各都市では、それも殆ど無く、国によって異なるのか、と驚いた記憶がある。今なら、燦々と輝く地中海の陽を浴びながら、海沿いの街アマルフィーを訪れるのも良い。映画では、それらしくシーンもあったが、正直期待外れの消化不良。
 
posted by はらっち at 19:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
期待外れでしたか?残念
イタリアの名前に惑わされましたか?
旅行会社からの格安パンフレットに我が家は惑わされています。どの日に行っても燃油込で
15万円!!イタリアもありますよ。
我が家のヨーロッパデビューがイタリアです。
もう何年前の事やら
Posted by ワッキー夫妻 at 2015年07月26日 19:39
ワッキーご夫妻へ

 最近、確かに15万円サーチャージ込みの案内が来ていますね。
我が家でも、なんでこんなに安いのよ?と目を凝らしています。
 次回の計画、是非ご一緒したいですね。お気持ちが決まりましたら
ご連絡を。前向きに検討いたします。
我が家は、2007年12月に訪れていますね。
Posted by はらっち at 2015年07月26日 21:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/156627059
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック