2015年08月16日

送り火に行く

daimonji-02.jpg
    ” 奈良大文字の送り火 (奈良観光協会より借用)”

 今日は送り盆、京都五山の送り火が古の世界を演出していることと思う。奈良にも同じような送り火がある。京都程知られてはいないが、奈良高円山の大文字焼きである。一日前の8月15日に執り行われる。
 1980年代、奈良学園前に10年ほど拙宅を構えた。其の時は、2階のベランダから、この大文字焼きと若草山の山焼きが望めた。観光気分で楽しんだ事が懐かしい。各地でそれぞれに送り火(送り盆)が形を変えて行われているが、風情があっていつまでも残したい。
 13日迎え火で自宅に迎えた母を菩提寺に連れて帰った。送り火は何故か寂しい。来年は、もう少し真面目に母を迎え送ってやらなければ、と反省。お墓は、連日の夕立ちで綺麗に洗われていた。周りの墓も線香の煙が立ち込め、花で飾られ参拝者で賑わっている。お彼岸の再訪を約束して帰路に付いた。
posted by はらっち at 21:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
お盆の迎えと送り、お彼岸の墓参り。
偉いな〜、いつも頭が下がります。
放蕩娘も反省し、帰ったら早速墓参りに行きたいと思います(^o^;ゞ
Posted by 大喜楽姉 at 2015年08月18日 16:05
大喜楽姉さん

 離れていれば仕方ナカンベ〜、ご先祖も大目に見ているべ〜。
心配ね〜。
まとめて、やったらヨカンベな〜。
Posted by はらっち at 2015年08月18日 16:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/161673740
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック