2015年09月18日

親馬鹿を自覚

GUM05_CL14075.jpg

遅い夏休みと称して長男が1年ぶりに帰って来た。高速バスを2本乗り継いで来たらしく「那須は遠いね〜」と開口一番。東京本社から都落ちしてエリア開拓に頑張っているようだ。16日の晩、友愛の森に到着し、今朝、友愛の森から帰って行った。
 滞在二日目は、菩提寺に墓参りに行く。いつもの事でもある。墓参すると墓前に新しい花が供えられていた。「誰だろ?弟かな〜、否、」との会話が有ったが、夜の食事会の時、弟であることが判明。「最低年に2度はお参りしているよ」と、不穏な空気を一掃した。
 夜は、黒磯へ食事に出かける。弟夫妻と計5人での会食。兄は末席に座り甲斐甲斐しく注文等を手際よくこなし、場を盛り上げようと話題作りに気を遣っているのがくみ取れる。
 「あいつ、結婚する気有るのか聞いておいてくれよ」と妻に云うと「お付き合いしている人がいるようですよ」と妻。其の話を聞いてホッとする。 
 一般に良く話題になることだが、同じように育てた兄弟姉妹でも性格が違うと云うが、我が家でもそれに当て嵌まるようだ。子供達の成長を感じると、親馬鹿と思いながら嬉しさを隠しきれない。歳を実感する時でもある。
posted by はらっち at 23:41| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
楽しいひと時を過ごされたのですね♪
やはり子供たちが集まると嬉しくなります。
次はお正月でしょうか?ご長男の結婚式でしょうか?
Posted by 大喜楽姉 at 2015年09月20日 10:16
大喜楽姉さん

哺乳類で人間が一番、親子の関係を断ち切れないとか。
子離れはしているつもりですが、いつも気にはなっていますね。
長男の結婚式になって欲しいものですが・・・・。
Posted by はらっち at 2015年09月20日 18:16
親馬鹿、大歓迎〜♪
多忙な中、一年に一回でも帰省され、そして、お墓まいりまでされるとは、
奥様が、いや、ご両親が(笑)、しっかり育てられたことがわかります。
次は結婚式〜♪(勝手に盛り上がる外野・・・)
Posted by mao at 2015年09月23日 14:26
MAOさん

 早く結婚してくれないと困るんですようね。
おば〜ちゃん子でしたからね〜。
両親がしっかりと育てていれば、今頃総理大臣に(笑い)
Posted by はらっち at 2015年09月23日 18:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/163890477
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック