2015年11月28日

西那須大鷹の湯へ

DSC07727c.jpg
        ”大鷹の湯 入口光景(11月19日)”

 「お・も・て・那須手形」が11月20日で失効するので、慌てて最も近い西那須「大鷹の湯」へ行った。我が家からは、25km30分の距離である。普段は那須湯本、源泉鹿の湯で事足りるので、ここまで足を延ばす事は無い。手形の特典で無料と云う事が利用した最も大きな理由。

page11.19.jpg

 「大鷹の湯」は友人を介しての知人が経営している施設で、オーナーの飯沼さんは、知る人ぞ知る温泉博士。自家源泉だ。以前は別邸にスナックもあり、そこで友人とカラオケを楽しませて頂いた事もあが、何年かぶりの訪れは、施設がリニューアルされて、周囲を改めて見廻してしまった。
 施設の前に敷設されているのは、聞くところによると戦前の塩原鉄道軌道らしい。泉質は単純泉だがPH度が高く「美肌の湯」と云ったところである。確か、「1分間に1リットルの新しい温泉が身体に触れないと掛け流しにならず温泉効果が低い」と力説されていたが、それからすると循環型の温泉は効果が無いらしい。 こんこんと流れ出る温泉は、その自説を立証するような勢いで肌に触れていた。
posted by はらっち at 22:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 気になる店
この記事へのコメント
大鷹温泉 私も「お・も・て那須手形」で入りました。 ・・趣のあるお宿だと。
旅館やホテルの立ち寄り湯 どこに入っても 泊まってみたくなります。 実現してませんが(笑) そのような気分にさせてくれるのが無料の手形ですね。
那須の旅館やホテルのオーナーさんは タダにすると損だと思っちゃったのですね。 後に続くと思うんだけどな〜。
Posted by 那須美 at 2015年11月29日 23:43
那須美さん

 仰る通り、販売促進活動とは・・・、と云う事が判っていないと
目先だけの結果に拘って損得で判断しますね。
温泉施設が、一人の顧客にどれ程の原価が掛るのか知りませんが
後の口コミ等を含めた効果は大きいと思いますけどね。
でも、対応が悪いと逆効果ですが。(笑い)
Posted by はらっち at 2015年11月30日 08:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/168817595
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック