2015年12月03日

思いこみは認知症の前兆?

page.jpg

 「先生、どうも不整脈があるような」と掛り付けの医者に相談すると、「それでは、精密検査をした方が良いでしょう、紹介状を書きますから、どこか希望の病院は有りますか」とも尋ねられて、精密検査に何回か訪れている「白河厚生総合病院」をお願いした。紹介状を胸に東北道路を飛ばして病院を訪れたのは12月2日。
 この病院は、コンピューターによる自動受付が始まるのは8時。7時過ぎから順番待ちが始まり、定刻には200名近くの患者が並ぶ。紹介状持参の場合はカウンター受付になるので、少し時間を遅くして8時近くに到着した。受け付けが始まりカウンターへ、紹介状と診察券、保険証を渡して椅子で手続き完了を待つ。間もなくして受付の女性が近付いてきた。「あの〜、当病院と違うようですが」「うん?」何と紹介状を良く見ると、「白河病院」とある。「あちらの病院にも循環器血管科はありますから」と慰めともつかない言葉を聞く。
 腑に落ちない気持ちを抱きながら、車で1分とも掛らない隣の「白河病院」へ。失礼ながら、厚生総合が移転してきてからは、駐車場の車の数が少なくなっているようだ。あちらが近代的なデジタル病院に対して、館内の雰囲気も看護師の皆さんの対応もアナログ的で親しみを感じる。紹介状を渡すと、それからは専属の看護師が付いてくれた。後で判った事だが、紹介された医師がこの病院では、医院長らしい。診察中に検査の予約の確認を付添いの看護師に指示「先生、画像診断は午後になるようです」「外来患者さんをそんない待たせる訳にはいかないだろう、優先しなさい」の一言で、その後の各種計器健診はスムースに。「いや〜、*村先生は、私の大学の先輩でしてね」と一言。
 思い込みで廻り道をしたが、結果的には良い医者に巡り合った事になる。昔から、思い込みで失敗をする事もしばしば、気を付けているのだが改善していない。さて、認知症の前兆で無ければ良いのだが。
posted by はらっち at 08:51| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
おはようございます〜。
それは危ない兆候ですねぇ〜 よく検査をして何かあったら十分な治療を!!
因みに 私は町の健診で引っ掛かって10年以上血圧薬 手放せませんし 医師の指導でコレステロールの薬等々・・今度は 心臓活性するとかの薬も増えました トホホですよ(笑)
Posted by 那須美 at 2015年12月03日 09:52
那須美さん

 おはようございます。
部品の劣化が激しくなり、摩耗故障の領域へ突入ですから
慎重運転が必要なようです。(笑い)
那須美さんの場合は、酸素の少ない所で生活されていますから
丈夫なはずですが、薬ではなく酸素吸入で十分かと。(笑い)
まだ、地蔵の湯へ行けますかね。積雪?
Posted by はらっち at 2015年12月03日 10:40
今日 久しぶりに奥那須まで行って来ましたが 山の中は 雪が有りそうですよ!!
以前 雪が締まった時 スノーシューで行った事はあるのですが けっこう難儀しました。
Posted by 那須美 at 2015年12月10日 21:57
那須美さん

 地蔵の湯は、来春雪解けの後ですね。
一度は見ておきたいので、その節は宜しくです。
Posted by はらっち at 2015年12月10日 22:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/169173964
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック