2015年12月10日

杉原千畝を観る

12.10.jpg
     ” パンフレットの一部を抜粋(12月10日)”

 以前より、上映を楽しみにしていた「杉原千畝」を観た。午後思い立って上映開始に飛び込んだのだが、ロビーでD肥ご夫妻と遭遇。4番スクリーンは、4割近くの観客だったろうか、上映開始6日目の午後としては人気の高さが伺える。
 「杉原千畝」は、第二次大戦中のリトアニアでのユダヤ人ビザ発給の救世主として、ドイツ、シンドラーと並び称されているが、世界的にはシンドラーほど知られていない。ポーランド、リトアニアでは、ユダヤ人迫害の環境があり、救出についてはそれ程、もろ手を挙げて賛成と云う土壌では無い事もあったのだろうか。
 主人公「杉原千畝」は、唐沢寿明が好演、監督は日系アメリカ人の母を持つ「チェリン・グラック」、歴史物は、時代背景のロケーションが難しく、チープになり易すくCGを駆使する傾向が多いが、この作品はポーランドで全てロケを行ったと聞く。日本家屋もロケ地に建築したらしい。街並みも当時と遜色ないであろうと推測できる。
 リトアニアは1990年にロシアから独立した共和国、バルト海に面したバルト三国の一つ。私には未踏の地。リトアニア・カナウスには、卒業大学の早稲田大学が記念館を建て、日本人も多く訪れている。バルト三国の大学に日本語学科あり日本への関心も高い。一度、訪れたい地域・国の一つ。
 「杉原千畝」、日本人の一人として誇りに思う。久しぶりに感動の映画を観た。
posted by はらっち at 18:36| Comment(6) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
ブログを拝見して
ものすごく興味がわきました

Posted by suzuken at 2015年12月12日 18:25
suzukenさん

 この映画は、観る価値がありますね。
ご自宅から歩いて行けるところですね。羨ましい(笑い)
奥様とどうぞ、お出かけを。
Posted by はらっち at 2015年12月12日 20:21
ありがとうございます

恥ずかしながらまだ一度も

近くの映画館に行った事が

ないので、この機会にいって

見たいと思います
Posted by suzuken at 2015年12月12日 23:02
SUZUKENさん

 歩いて5分も掛らないかと。
お忙しいから止む無しですが、時に息抜きも必要かと。
奥様とお二人で行くと、お二人分で2200円ですよ。
煙草代にチョットプラスです。(笑い)
Posted by はらっち at 2015年12月14日 23:37
先に「海難1890」を観たので、こちらの映画も近々観たい映画のひとつです。
フォーラムは、うかうかしていると(?笑)、いつの間にか上映が終わってしまってるので、気をつけます・・・。

そういえば、フォーラムスタンプ、6個貯まって、無料で鑑賞できるのに、うかうかしていて、無料鑑賞期限切れ。
うかうかし過ぎです(・_・;
Posted by mao at 2015年12月16日 16:05
mao さん

 セレブ、令夫人は、無料券に拘ってはいけません。
カップル割引、女性割引、毎月1日の割引、その様な割引にも
無関心でなければ。私、シニア割引活用中!
Posted by はらっち at 2015年12月16日 17:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/169639537
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック