2015年12月17日

遮熱塗装のお陰

page11.29.jpg
     ” 塗装完成後の我が家の屋根・外壁(11月29日)”

 屋根を見上げる度に、屋根の塗装が気になっていた。周囲のお宅も次々と塗装をやっていた事も刺激になり、10月中旬より一月ほど掛けて塗装が行われた。前の屋根は、チャコールグレーだったが、那須連山を背景にはグリーンが似合うのでは無いかと冒険をした。結果的には正解だった。
 仕上げのグリーンの塗装の前に、下塗りの後に遮熱塗装が行われた。結構な厚みで塗装がされていたが、「夏は涼しく、冬は暖かいですよ」と、SUZUKEN社長、幹塗装の若きオーナーの言葉だった。半信半疑で聞いていた。最近、薪ストーブを焚くようになって、「??」という感じになって来た。というのも室内温度の上昇、保温が違うのだ。「昨年と違って、薪ストーブの暖かさが違うわね」「最近まで、外気温度が暖かったから、その影響かと思っていたけど、気温が下がった最近でも違うね」と。2〜3度は、異なる。もう少し様子をみないと確実には判断できないが、タイマイを叩いた効果があるとしたら嬉しい限りだ。
posted by はらっち at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/170091262
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック