2015年12月26日

格安の海外旅行への想い

page2013.jpg
" リスボン紀行(2013.5)”

 毎年、10月には海外へ出掛けているのだが、今年は叶わなかった。理由は、愛犬を留守中世話する人間がいなくなったからである。動物病院等預かってくれる施設は幾らでもあるのだが、「可哀そうだから」と妻が決断できない。時々愛犬に向かって「貴方のせいで旅行に行けないわ」と愚痴をこぼしている。
 そのような最近の我が家の空気だが、最近新聞紙上に格安の海外旅行広告が目に付く。「ポルトガル8日間16万円」の文字に、「バカな」と旅行日程、航空会社、サーチャージは、と目を凝らす。ホテルのクラスは判らないが、大手のツアー会社であれば、手抜きは無いはずである。円安なのにどうして安いのか、春先の渡航であれば季節的な理由でも無い、最近テロ事件でヨーロッパ行きが減少していると聞く、この対策?。理由が見つからない。
 この記事をみて、更に妻の愛犬への風当たりは強さを増すはずだ。そう云う小生も、地球儀に目を凝らしては、バルト三国、北欧三国に想いを馳せている。
posted by はらっち at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外旅行
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/170663255
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック