2016年02月03日

我が家の節分

page2.3.jpg

 例年の事だが、ささやかに「豆まき」をした。何故ささやかかというと、ご近所さんから豆まきの声が聞かれず、少し恥ずかしさが手伝ったいる事が大きな理由だ。又、大量にまくと、愛犬がこの時とばかり拾い食いをするので、室内は少なく、外に多くまくと云う変則になる。「福は内、福は内、鬼は外」と云うのが我が家の伝統だが、「鬼は外、鬼は外、福は内」というのが正しいとも聞くが、理屈抜きで我が家のやり方を踏襲している。那須地方はどのようなものか機会を見て友人・知人に聞いてみようと思う。
 炒り豆では無く落花生をまく所が多いとテレビで見て驚いた。北海道が発祥の地らしいが、東北、北日本、九州の一部にまで広がっていると聞く。北海道の合理主義が発端らしい。大豆は、五穀の一つとした神事に欠かせない。炒り豆は、「炒る」が「射る」に通じ悪霊、即ち「魔目を射る」に通じると云う。落花生は、確かに拾いやすく殻を外して食べるには衛生的だが、それに切り替えるにはチョットした勇気が必要だ。
 関東にも恵方巻きが広がり節分のありかたも変わって来たが、当分は声を小さく周囲のお宅を気にしながら伝統のやり方を続ける事にしようと思う。
posted by はらっち at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/173374499
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック