2016年02月20日

短足の愛犬

DSC08025c.jpg
      ” 爆睡中の愛犬ミミー(2月19日)コンデジで”
 
 我が家の愛犬は、オン歳10歳と5カ月の熟女。ウェルシュ・コーギー・ペンブロークだ。イギリス王室で飼われている牧畜犬の流れと聞く。誕生後間もなく尻尾を切られ、特異な姿は目に留まる。断尾は、牧畜犬として牛に尻尾を踏まれることの無いようにと云う事で始まったらしい。一般的な性格は、牧畜犬らしく運動が好きで活発、神経質で警戒心も強く吠える事もあるなど。我が家では、デッキが運動場だが、冬になると庭の木々が葉を落として見通しが良くなると、人影、仲間達の影を見ては落ち着かなくなる。室内では、もっぱら専用の座布団をクッション変わりにしてリラックスしている。寝姿は、短い脚をどう始末したら良いか迷っているようで面白い姿を披露する。今日は珍しく前足を前に投げ出していた。これは結構きついとだろうと思うのだが、爆睡している。今日も一日の大半を寝て過ごす素浪(スロー)人である。
posted by はらっち at 10:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174135159
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック