2016年04月24日

シラネアオイ一輪ひっそりと

DSC08625c.jpg
       ” 我が家の庭のシラネアオイ一輪 (4月22日)”

 シラネアオイの株は、毎年のようにシラネアオイ園で購入して庭に植えているが、成績は極めて悪い。翌年は、申し訳なさそうに芽を出すが咲く事は皆無。今年は、一輪咲いた。しかし花の大きさ茎丈は低い。
 「上手く育たないんだよね」とシラネアオイ園のオーナー佳奈さんに泣き事をいうと
1. 冬乾燥させていません。霜柱が立つと土壌が乾燥しますよ
2. 肥し喰いなので十分に寒肥しをやっていますか
と云われた。土壌も影響しているのだろうと、昨年、40L程土壌を頂き植え替えたが、結果は同じだった。さてどうしたものか。最後の手段は、佳奈さんに往診に来て頂くか、それともシラネアオイを育てるのを諦めるかの選択肢か。GW明けにシラネアオイへ馳せ参じてアドバイスを頂こう。
posted by はらっち at 19:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
いつ見ても魅力的な色あいの花ですよね。
私は 山の中で出会った事は無いですが 山草好きな姉が育てている庭で見ています。
鹿は 鑑賞しないで食べるほうが好きとか 日光白根山の名前から付けられた花だそうですけど 本場の白根山では鹿の食害で絶滅しそうですね〜!
Posted by 那須美 at 2016年04月25日 06:50
那須美さん

 高山植物、山野草は、苦労して自生の場所で観賞するのが望ましいですが
加齢と共に、辿りつくのに息切れです。庭で楽しみもうとズボラな考えが。(笑い)
鹿による食害、尾瀬でもそうらしいです。キャツラも生きるのに必死?
Posted by はらっち at 2016年04月25日 09:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175030973
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック