2016年05月28日

心が痛む愛犬の姿

DSC06951c.jpg
       ” 心細そうな愛犬ミミー (5月28日) ”
 
 昨日、いつものように午後、妻が愛犬を散歩に出かけた時、愛犬の様子がいつもと違うことに気が付いた。
右へ右へと歩き、右側に首を傾げているという。ゴルフから帰宅してその事を聞いた。散歩から帰ると、汚れた手足を洗い、部屋に上げるのが日常だが、「手荒に手足を洗っていて脱臼でもしたんじゃないの、気になっていたんだようね」と妻の行動をなじる。
 今朝起きると、愛犬の様子が可笑しい。殆ど歩けない。歩いても倒れこんでしまう。これは尋常でないと思い、9時の開院を待って掛かり付けの動物病院へ車を走らせた。視察台に乗せられるといつもしり込みをする愛犬だが、よろけながら座り込んでしまう。「これは前庭神経炎ですね。軽そうですから回復する見込みはあるでしょう。今日はステロイド系の注射と明日以降のお薬を出しておきましょう。月曜日に来てください」との診断結果。
 車内ではいつもと違い、はしゃぐ訳でもなくじっとしている。帰宅するとデッキの犬小屋にやっとの思いで滑り込み固まっている。言葉を話せない愛犬の気持ちを察することは十分に出来ないが、回復を望むばかりである。
posted by はらっち at 18:20| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
驚きましたね。もの言わぬゆえに
心痛めますよね。
この思慮深そうな目で見詰められると尚更ね。
私も犬の利口さと愛おしさを実感し
家族の一員としての思いは解りますね。
大難が小難の様子で本当に良かったです。
ミミーちゃんの早い快気を思っていますよ。




Posted by 富佐代 at 2016年05月29日 17:17
富佐代さん

 お気遣いに感謝です。 
参りましたね。今朝、抗生物質、ステロイド系の錠剤をあげて
多少は、真直ぐに歩けるように回復してきましたが、自分の身体が
自由にならず嫌なのでしょう。吠えもせず、じっとしていますね。
元に戻るには早くて1週間くらいは掛かるようです。
 当分、心が痛みます。
Posted by はらっち at 2016年05月29日 21:25
一緒に暮らすとペットの一言でかたずけられない愛着が出ますよね。  私は犬派で結婚を機にこちらに越してから犬をずーと飼い続けてきました。短命な犬もいましたけど最後に飼ったビーグルは13歳・・老衰だと思いますが最後を看取れなかったので戒めにそれ以来犬は飼っていません。その後は猫を飼いましたが17歳まで一緒でした。 名前が「ミミー」なんです。
Posted by 那須美 at 2016年05月30日 07:58
ミミちゃんが、あのミミちゃんが、吠えない、じっとしている・・・ただ事ではありませぬ。
ミミちゃんの眼が、いつもの眼差しじゃないですね。心配でなりません。(>_<)

前庭神経炎、リンクありがとうございます。
読むと余計に心配ですが、早い回復を心より祈ってます!
ミミちゃん、がんばれ〜!!
Posted by mao at 2016年05月31日 17:31
那須美さん

愛犬を飼い始めたのは、知人からの押し付けでした。
「留守勝ちなので」と断ると「留守中は面倒みるよ」ということで
飼い始めましたが、その知人も他界してしまいました。
飼い始めると家族の一員になって、この先が心配です。
ミミー名同じでしたか、それは奇遇ですね。
Posted by はらっち at 2016年05月31日 22:10
MAOさん

 今日は、大分回復しました。昨日、通院してそのことを
報告すると、「薬が効いているからです。まだ安心できません」
とのこと。1週間後が判断基準らしいです。
ブログの設定をいじっていましたら、訳の分からに事が。(笑い)
Posted by はらっち at 2016年05月31日 22:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175468866
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック