2016年07月01日

カーディーラーまでが遠い

7.1.jpg

 車検を安く上げようと2年前大手チェーンガソリンスタンド店を利用した。このチェーン店ではどこでも車検を受けてくれる訳ではなく、整備士が常駐している店に限られる。最も近いところで25q離れた大田原市になる。ディーラー車検と異なり最低必要な部品の交換で済ませるので、当然安価になる。特典として次回の車検まで4回のオイル交換が無料である。2回利用したのだが、その時必要以上に整備ヵ所の有料ヵ所の増加を勧めるので嫌気を指していた。目安の5000qを超えたのでオイル交換をディーラーに予約を入れた。
 昨晩、そのディーラーの担当課長から「オイル交換でお見え頂くんですね、有難うございます。その時、リコールのエアーバック交換をさせてください」と電話があった。
 今日、予約の時間3時前に大田原三島のディーラーへ車を持ち込んだ。担当課長と一緒に整備士がやってきた。「私が担当させて頂きます」と挨拶を受ける。その場を去って間もなく戻ってきた。「エレメントはいつ交換されましたか?前回のガソリンスタンドで換えましたか?」「いや〜前回は交換していないね」「それでは交換した方が良いと思いますが、如何しますか」「交換してください」と即座に返答。迷ってもし方がないという気持ちが優先する。
「この車、乗りまわしがよくて、新車に交換する気になれないんです」と担当課長に話しかける。「今は、品質が一層向上していますから長く乗れますよ、但し20万q付近から、部品の劣化が増えますからね」という。現在、総走行距離12万q、年間1.2万q乗っているので後5〜6年が目安なのか、と頭の中で計算をする。「加齢が進むから、次は小型の自動衝突防止付きがいいですかね」というと「これからの車は標準装備ですね」と時間つぶしの会話が進む。その後、整備光景が見える場所に移動する。
 約2時間弱待たされてディーラーを後にする。簡単な整備であれば身近な整備工場で事足りるが、リコール整備となるとそうも行かない。それにしても片道27q、都会暮らしでは考えられない生活がある。

posted by はらっち at 18:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 那須の田舎暮らし情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175895478
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック