2016年07月10日

オーニングは効果てきめん

page7.10.jpg
    ” 上;出来側から見たところ、下;居間から庭方面を観たところ”

 先日、上京したおり東京の蒸し暑さを久しぶりに体験した。10年前までは当たり前に過ごしていた環境だが、那須の生活に慣れて違和感を感じるようになった。那須でも高原地区と里地区では気温が数度異なるようだが、朝晩の涼しさ、日中でも陽ざしを避けて木陰に身を置けば、涼しさがやってくる。
 我が家では、デッキが南向きで夏の陽射しが居間に注ぎ込む。何とかしたいと思い、大掛かりなデッキの改修も考えたが、コストに見合うほど余命を享受出来るのだろうかなどと無粋な考えが過ぎり、オーニングでお茶を濁した。しかし、これが思ってた以上に効果がある。夏の陽射しを遮ることと雨の日は、雨除けになってデッキへの出入りが傘要らずになった。「早くつければよかったな〜」と後悔。部屋の温度が上がら無い理由はもう一つ、3月に修繕した屋根、外壁の遮熱塗料の効果が大きいのかもしれない。都会の熱帯夜をしり目に快適な夜は、那須高原の特権であろう。
posted by はらっち at 19:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176022832
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック