2016年09月27日

ほろ酔い加減の酔芙蓉

DSC09172c.jpg
" 酔芙蓉 (9月26日夕刻小雨)”

 昨日の夕刻、窓越しに小雨の庭を眺めていると、酔芙蓉がいつもより赤く染まっていた。横浜から移住した時に庭に下すと、勢いを増して多くの花を付けるようになったが、2m近くの丈になり存在感を増すというより、少し邪魔になりつつある。小雨でも夕刻になると、いつものように赤く染まってゆく。酒に染まる顔色の変化に似ていることが酔芙蓉名前の由来らしい。

page9.27.jpg

 同じ酔芙蓉なのだが、毎年、花の色が異なる。白からピンク、赤色に変わるのは普通だと思うのだが、黄色、真っ白に中央部が紅色など異なる。その理由は判らないが、情感豊かな我が家の酔芙蓉である。
posted by はらっち at 08:46| Comment(2) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
美しい花ですね〜!
どこかで見ているとは思いますが このように朝〜晩と 彩どりが変わっていく花だとは知りませんでした。
ネットで調べると寒さ対策が必要とか。手入れが大変でしょう? 
Posted by 那須美 at 2016年09月28日 10:43
那須美さん

那須に来て地植えして大きく育ちました。1.5m位ですね。
ほったらかしですが、毎年咲いています。寒さにも強いですよ。
狭い庭ですから、通りからも見えます。お立ち寄りください。
Posted by はらっち at 2016年10月08日 23:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177042180
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック