2016年09月30日

初秋の黒川橋梁

DSC09454c.jpg
      ” 黒川橋梁 福島県側より(9月30日9時ごろ)”

 久しぶりの秋晴れ、黒田原へ出かけた序に、豊原まで足を延ばした。那須町役場前を通り、豊原駅前を横目に黒川橋梁へ。真直ぐに伸びた農道は快適だ。一面に黄金色の田園が続く、所々でコンバインが働き、稲刈りの姿も見える。
 何度か訪れている黒川橋梁は、土木遺産にも指定されている。黒川をまたぐように那須町と福島県白河市に架かる。大正9年に建設されたようだ。最近は撮鉄の撮影場所になっているとも聞くが、今日は姿が無い。
「四季の那須フォトコンテスト」の応募規定も広がり鉄道写真も認められるようになっているが、昨年の応募作品には記憶が無い。確かに、黒川橋梁を入れての那須連山は、撮影場所が福島県側になり、涙を呑むところでもある。客車の通過数は少なく貨物列車の方が多いように思うが、橋梁を通過するリズミカルな乾いた音を聞きながらファインダーを覗くのも良いものだ。
posted by はらっち at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 那須情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177086842
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック