2016年10月06日

リンゴの季節到来

DSC08722.JPG
    ” 南会津りんご園の今 (10月5日 曇り)”

 リンゴを好んで食べる方だ。スーパ=にリンゴが並び始め気になりだした。毎年、南会津のリンゴ園に出掛けてまとめ買いをする。「今は何が有りますかね」「つがるだな〜」と電話口の声。友人は、「知り合いが観音沼の近くで(ひめかみ)を購入したと聞いたよ」とあまり聞きなれない品種を云う。「ひめかみ」は北海道生まれらしい。
 昨日、シニアカレッジの講義が終わった後、南会津まで車を走らせた。いつものリンゴ園に到着すると、ご婦人がお二人、大量に買い込んでいる。箱詰めもあるところから、どなたかへのプレゼントなのだろう。「ひめかみ」「わせフジ」を二袋購入した。「お待たせしたのでちょっと多めに入れてあります」と、初めて登場したご子息。今までリンゴ苗の育成の勉強をしていたらしく、今年から家系を継いでの顔見せだ。
 「我が家に2種類のリンゴの苗があるんですけど生育が悪いんですよね」というと、「葉を落とさないように消毒、殺虫剤散布を欠かさないようにしないとだめですよ、何年目ですか? 3年過ぎれば実が付きますよ」という。確かにリンゴ園の3年目の苗木と比べると明らかに我が家のリンゴは生育が悪い。葉も落ちている。来年は、アドバイスを活かして、今年の結実2個を超えたいと意気込む。
 店内には、これからの各種類の収穫時期が掲示してあった。紅玉、サンフジと続く。今月末再訪しなければならないようだ。
posted by はらっち at 18:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177156674
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック