2016年10月15日

奥那須の紅葉

DSC09215c.jpg
     ” 鬼面山尾根の紅葉 (10月14日15時頃)”

 自宅付近から那須連山を遠目に見上げると、色に染まってきた。昨日(14日)夕陽に染まる那須連山をカメラに収めようと車を走らせた。14時過ぎになれば渋滞も緩和されるであろうとの読みだ。期待通りスムースにボルケノハイウエーを上る。峠の茶屋駐車場も空きがあり、難なく駐車。朝日岳から鬼面山の山肌の紅葉を収めようと、ミュオバン沢方面に林道を下りて行く。「用心に越したことは無い」カメラバックにクマ除けの鈴を付ける。ミョウバン沢に近づくと湯気が一面に立ち込める。奥の沢源泉だ。これは、湯本の足湯コンバイロの湯に引き湯されていると聞く。震災後一時期、噴出する湯量も少なくなったと聞いていたが、回復したらしい。
 夕陽に染まる山肌を期待したが、陽の方向が悪く夕陽は期待できないと判断して早めにカメラに収めた。今年は、雨そして強風が重なり木々の葉が落ちてしまい紅葉は期待薄。この2〜3日が那須連山紅葉の見納めかもしれない。

page10.15.jpg
     ” 2015年の駒止の滝付近の紅葉(10月17日)”

 時期的に早いと思いながら「駒止の滝」へも立ち寄って見た。昨年は、10月17日前後が見頃だったが、今年は、紅葉の気配を見つけるのも難しい。最近の朝晩の冷え込みを考慮しても見頃は1週間先だろうか。
posted by はらっち at 08:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 那須情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177264407
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック