2016年11月20日

アメリカズカップ福岡大会が終わった。

DSC04564c.jpg
   "オークランド、ヴァイアダクト・ハーバーに係留中の
                  ニュージランド艇(2009年12月14日)”

 「アメリカズカップWS福岡大会」が19日〜20日、6レース行われた。日本でアジアで最初に行われた。久しぶりに放映されたレースを楽しんだ。というのも15年間日本艇が参戦しなかったことで興味が薄れたことが大きな理由だ。アメリカズカップの歴史は古く、1851年初代王者がアメリカ艇で132年間その座を譲らなかった。初代優勝艇の名前をとって「アメリカズカップ」という。その後ニュージランドが台頭して来た。セーラーもスキッパーもニュージーランド出身者や関係者が多いのもうなずける。「海のF1レース」とも云われて、高速で会場を飛ぶように出走する。
 2009年にニュージーランドを訪れた時、アメリカズカップの為に再開発されたオークランドのヴァイアダクト・ハーバーへ行くと、2007年優勝のニュージーランド艇が係留されていた。現在の双胴船(カタマラン)の高速艇とは全く異なる船体だが、懐かしくアルバムを広げた。
 2年間の予選レースを終了し来年5月以降チャレンジ艇が決定し、前優勝艇とマッチレースがバミューダで行われる。日本艇の実力は、厳しいレベルにあるようだが、最後まで楽しませて欲しいと願う。
posted by はらっち at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177750250
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック