2016年12月10日

雪の中、シアトルへ

DSC09804c.jpg
      ”セフィコフィールドスタジアムの壁面(12月9日)”

 昨日(9日)、オプショナルツアーを申し込み1日掛けて「アメリカ・シアトル」へ行ってきた。「7時15分ホテルロビー集合」に合わせて早めにロービーへ。「ミニバンかな、大型バスかな?」と妻と期待と不安の会話。まもなく中年の日本人男性がにこやかに現れた。挨拶を交わして「アメリカ入国申告書」の記入。ESTAの有効期限が切れているので、陸路入国でも$6掛かるとのこと。車に案内される。トヨタのセダンタイムのバンに乗り込む。もう一か所のホテルへピックアップに立ち寄る。母娘と若い一人旅の女性。我々を含めて5名のツアーが始まる。シアトルまで片道250km、それも雪道の高速道路。「オールシーズンタイヤ」で冬タイヤには履き替えないとのこと。慣れたガイドの運転に身を委ねる。
 ボーイングの施設、アウトレット、マーケットと何か所かを訪れた。その一つにセフィコフィールドがあった。あのイチロー選手の大リーガー誕生の球場だ。テレビでは馴染みのある球場。球場を取り巻くように何人かの選手の写真が飾られている。フェルナンデス、カノー、岩隈、来シーズン移籍が決まっている青木、そして、大リーグに金字塔を立てた258本目のヒット打った時のイチロー選手の写真が他球団に移籍した今でも燦然と輝く。球場内に入ることは侭ならなかったが、念願の一つを達成。
 16時過ぎ日没、雪の高速道路を爆走する。車中では時間の経過とともに打ち解けあい、話がはずむ。バンクーバーに戻ると19時半を過ぎていた。途中のホテルで3名の女性が降車、旅慣れた若い女性は、「月曜日に仕事があるので明日日本へ帰ります。」と笑顔で手を振っていた。20時ホテル着。たっぷりとシアトルへの日帰りコースを楽しんだ。 
posted by はらっち at 21:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 海外旅行
この記事へのコメント
シアトル、ボーイング社、あ〜懐かしいです。
昔、幼児教育の研修・見学でシアトルに行き、すごく刺激を受けて帰国したことを、昨日のことのように、思い出します。

シアトルに到着してすぐに、セフィコフィールドに連行され(笑)、寒いのと時差ボケて眠くて眠くて、バスから頑なに降りなかったわたしです(-_-)zzz
でも、後日イチローグッズをたんまり購入して帰りました。笑
Posted by mao at 2016年12月12日 17:58
MAOさん

 幼児教育の研修でシアトル? それはナンダベ〜。
シアトル行きで最も興味深かったのは、入国審査ですね。
部屋の壁には、オバマ大統領の写真が飾ってあります。
係員曰く「後一月で入れ替わるので写真撮ったら」って、
「えっ、この部屋で写真OKですか?」「全く問題ないよ」って。
 大らかというか、隣国に爪の垢を差し上げたい。
Posted by はらっち at 2016年12月13日 10:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177992345
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック