2016年12月15日

バンクバーのレストラン「Cardero’s」

DSC09752c.jpg
       ” Cardero’sの表札(12月8日夜)”

 旅行代金が安いので、食事を張り込もうと出発前から妻との合意事項。と言ってもいつも、それなりの店で終わってしまう。「サーモンを食べたいのですが、お薦めの店ありますか?」とバンクバー空港からホテルへの車内でガイドに聞いてみた。「ご宿泊のホテルから歩いて5分くらいの所のカルデロスがお薦めですね」と即座に答が返った来た。ホテルから、ウォーターフロントへ歩くこと約10分、目指すレストランに到着。シャーベット状の歩道を気にしながら歩き、時間が掛かった。湾にせり出した店の周囲にはヨットが係留している。雰囲気は申し分ない。

page12.15.jpg

 店内に押し入りクロークで予約をしていないことを告げたが、問題なく席を用意してくれた。間もなく若いテーブル担当の女性が注文を取りに来た。掛かり付けの医者の忠告を無視することは出来ないので「軽めのドラフトビール」を注文した。すると、「お水はどうしますか?」と聞いてきた。「???」一瞬どういう事と考えていると「冷たいままでいいですか、温かくしますか?」と付け加てきた。バンクーバーでは、日本と同じように水道水が飲めることは知っていた。しかし、水を温めますかは初めての経験。
 「サーモンを頂きたいのですが、お薦めはありますか」等とやり取りをしながら、係の女性のお薦めに沿う。正直、料理方法がよく聞き取れなかったというのが本音だが、出てきた料理は大満足。それでも、サーモンは、味付けせずに塩コショウが良いね、というと妻も頷いていた。流石にデザートは遠慮してコーヒーを頂き終了。テーブルでカードでの支払いをする。
 面白いのは、チップを現金か、カードの支払いにするか、それもチップの%が幾つか表示される、12%、15%、17%と。一般的には15%とガイドから聞いていたので、15%をプッシュ。この方法は、翌日利用したレストランでも同じだった。チップの慣習に慣れていないので、余計に支払ったような気分を持つのは私だけであろうか。 ちょっと贅沢なバンクバー初日の夕食に満足。
  
posted by はらっち at 18:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 気になる店
この記事へのコメント
素敵なレストランで美味しいサーモン\(^^)/
羨ましいですね。
温かい水は本当に驚きですね。

私も格安航空券でカナダに行ったのですが、友人の親族が色々と案内してくれたり♪ ご馳走してくれたりで美味しいサーモン等、本当にボリュームたっぷりで美味しい物をいっぱい食べたのを思い出しました。
ただ友人の親族は移民の2世3世になっており、日本語がほとんど喋れなかったのが辛かったです(>_<) 
あの時ほど英語をもっと勉強しておけばヨカッタなぁーと思った事はありません。
バンフでは寒い夜に温かい珈琲と紅茶を頼んだのに何故かコーラーが出てきた(>_<)
友人のこの冷たいコーラーは誰が飲むのかな?と言われた私は、はらっちさんの英会話力がとても羨ましいです♪
Posted by あゆっち at 2016年12月16日 13:33
あゆっちさん

コメントに気が付かず遅くなりましたっす。
私も、水が無料でそれもお湯か水か聞かれたのは初めてですね。
今回、現地の皆さん積極的に日本語で話しかけてきましたね。
これは、何が原因?日本への好感度上昇?
私は、ハチャメチャ英語ですよ。(笑い)
昨晩、チョイ泊旅の放送がありましたけど、英語圏でないと
適当な英語でも通じていましたね。表情、気持ちの出し方?
それで通じるのでは。
Posted by はらっち at 2016年12月25日 12:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178050406
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック