2016年12月26日

頭を悩ますチップの慣習

page12.26.jpg

 海外へ旅行すると慣習の違いに困惑することが幾つもある。しかし、これも旅行の醍醐味でもある。これは、日本を訪れる外国人観光客にも言えそうだ。海外旅行をすると頭を悩ます代表的な慣習が「チップ」かもしれない。サービスを提供した人にサービスの対価として「チップ」という現金を支払う、といったところか。チップを支払う国では、だいたい支払金額の10%位を支払ったらよい、と耳にする。今回、訪れたカナダでは15%が標準といっていた。レストランではクレジットカード使用が殆どだが、カード支払い端末にチップの%が提示されて、それを選択するようになっていた。初めての経験だ。計算をする煩わしさが無いので助かるが、これでは、チップの意味が無いように思うのだが。
 先日、BSの番組でこの「チップ」について議論があった。いろいろな国の在日外国人8名中、6名が煩わしく廃止した方が良い、という興味ある結果だった。誰を対象にチップを渡すか判らないという同じ様な理由だった。対象者は固定給が安くチップで賄う、という事らしいが、徴収する料金に含めた方がすっきりすると思うのだが、それは日本人らしいと現地人に指摘された。チップが無くなるとサービス行為が悪くなるという。このような処にも日本のサービス水準の高さ、おもてなし精神を誇らしく思う。海外旅行時、いつもチップ用小銭を気にしながら持ち歩くことが最も煩わしい。持ち帰った小銭を整理しながら、チップのことを想い出している。
 
posted by はらっち at 17:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
那須の温泉旅館も昭和の頃はチップが当たり前でした
私の祖母の話ですが戦前でしょうけど仲居をしていたら給金無しで盆暮に小遣い程度。
泊まり客からのチップがすごかったそうです!家に帰って着物の帯をとくと客から頂いたチップがバラバラ落ちたって聞きました。
遊び人の祖父に内緒で貯め込んでいたそうです(笑)
Posted by 那須美 at 2016年12月27日 07:17
那須美さん

 面白い話ですね。昔の風情を垣間見るようです。 
最近、旅館のシステムが判らず、部屋係の仲居さんは?と判り辛く、
心付けをお渡しするタイミングを逃す機会が殆どですね。
 ま〜部屋食が少なくなったことも関係しているかと。
 
 
Posted by はらっち at 2016年12月27日 15:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178176631
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック