2017年01月08日

火災報知器が鳴る

DSC00063.JPG
       ” 台所に設置の火災報知器 (1月8日)”

 「火事です、火事です」と女性の声がけたたましく鳴り響いた。パソコン作業中だったが、慌てて何事かと警報音のなる台所へ小走りに行く。妻も同時に調理台近くに歩み寄ってきた。台所は煙が充満している。火災では無かったことを確認して警報機の停止ボタンを押した。原因は、煮物の鍋の汁が無くなり焦げ始めた煙だ。煮物の具材が焦げて汁が無くなりかけている。妻は目を離して隣の部屋の洗濯機の方で作業をしていたようだ。先日の糸魚川の火災を想い出した。「あらっ、この煮物は食べられないわね」と悠長なことを言っている妻。「おいっ、おいっ、」開いた口が塞がらない。
 我が家には、火を使う場所を優先して数か所火災報知器を取り付けている。 定期点検で火災報知器の警告音は確認しているが、本番の音は初めて耳にした。この程度でも感知するとは有り難い。正常に機能していることを知ったことで幸いとしよう。
posted by はらっち at 16:06| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
備えあれば、ですね
大事にならず良かったです

Posted by suzuken at 2017年01月09日 13:54
suzukenさん

あの警報器、10年間持つらしいんです。本当かな?という気持ちです。
そうですね、たまには警報が鳴った方が緊張感が芽生えます。(笑い)
Posted by はらっち at 2017年01月09日 17:23
大事に至らなくてよかった。
機能確認、オッケーですね。

私も年末、玄関先に焚いていたお香が、木のケースを燃していて、部屋中ケムケムに( ゚д゚)驚
そういえば、我が家には火災報知器がない!?
仕方ない。嗅覚を研ぎ澄まします。笑
Posted by mao at 2017年01月10日 21:08
MAOさん

鍋底を焦がした程度でしたが、これで検知するとは素晴らしいの
一言です。油を引いた時は、引火することも考えられますから
当然ですかね。
確か、火災報知器の設置は条例で義務化されているかと。
ゴルフ代を節約すれば、すぐに何個か付きまっせ。(笑い)
Posted by はらっち at 2017年01月11日 09:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178319324
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック