2017年05月02日

海外旅行時の最適な両替とは?

DSC09708c.jpg
       ” ニュージーランド$紙幣 ”

 海外旅行時に現地での支払い方法に悩むことがある。今から40年前、初めて渡航した時は、確か「トラベラーチェック」だったように記憶している。クレジットカードが普及していない時代だった。今では、現金を支払わずいろいろな方法が選択出来るようになった。
 私の場合、多少の現金を用意して出かけることが多い。使用目的は、チップと小さな買い物、カフェなどの支払いが殆どである。両替をする場合は、地元の銀行の窓口で事前に行う(国によっては出来ない場合がある、前回のベトナムは不可)、少し預金しておくと1円の割引が適用される。今回も、地元銀行へ行くとニュージーランンドドルは扱っていないと断られた。止む無く、空港での両替を行った。
 現金の手持ちは、安全上好ましく無いが、先ほど述べたような使用目的で多少は用意をする。ただし、両替する場合は、両替場所によって手数料が異なり、事前に情報、知識を持っておく必要が懸命だ。前回のベトナムでは、現地(ノイバイ空港)で日本円からベトナムドンに両替することがもっと手数料が少なく最適と耳にしていてそのようにした。
 成田空港の両替所(千葉銀行)で、両替を行った。当日のレートは、1NZ$が77円だったが、現地通貨への両替は、1NZ$が85円だった。余りの両替手数料の高さに目を丸くした。現地到着後の空港でのレートは見ていないので、どちらで両替をするのが得策なのかは不明。しかし、後日帰国してクレジット会社の請求金額を確認して唖然、1NZ$が80円で決済されていた。
 海外では、ハンバーガーショップでの少額支払いでもクレジットカード決済が当たり前のように行われている。私自身は、マイレージポイントの獲得を目指して、現金よりクレジットカードを比較的利用する方だが、今回のレート損を体験し、海外での支払いは、為替が安定していれば、クレジットカードを積極的に利用すべきと認識した。
posted by はらっち at 17:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外旅行
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179629712
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック